Research press release

乳がんの窓

Nature Methods

A window on breast cancer

乳がん細胞の1つひとつが転移して体内の他の部位に侵入する様子を追跡する技術が開発された。この方法は、文字通り「腫瘍の窓」をもたらすものである。

がん細胞が1つの腫瘍に限局されていれば、がんは格段に治療しやすい。あいにく、腫瘍の多くは転移するという性質をもっており、そのプロセスによって個々のがん細胞は腫瘍を抜け出し、血流に乗って体内のほかの部位に移動する。

マウスの乳がん腫瘍の直上に外科的に設置する乳房撮像窓について、Nature Methods(電子版)でJ van Rheenenたちが発表する。この窓を用いると細胞は鮮明に観察され、生きた動物で長時間転移を調べることができた。この窓を通した腫瘍細胞の追跡に用いるため、研究グループは、自由にスイッチを入れることができる「着色」タンパク質を乳がん細胞内で人工的に発現させ、この細胞をマウスの乳房に移植して腫瘍を形成させた。これにより、数時間から数日間にわたって細胞の動きを追跡することができた。

この方法で、研究グループは腫瘍の部位ごとに異なる細胞の転移状況の差を観察するとともに、体内の他の場所での着色細胞の出現を監視した。この方法は、自然の乳房環境にある乳がんの挙動を長時間詳細に研究することを可能とし、いずれは細胞の運動性および組織の形態形成に関するさまざまな研究に拡張されるものと考えられる。

Researchers have developed a technique to track individual breast cancer cells as they metastasize and invade other regions of the body. The approach gives the scientists a literal ‘window on a tumour’.

Cancers are much more amenable to treatment when the cancer cells are confined to a single tumour. Unfortunately many tumours have a propensity to metastasize?a process by which individual cancer cells exit the tumour, enter the bloodstream and travel to other regions of the body.

Online this week in Nature Methods, Jacco van Rheenen and colleagues describe a mammary imaging window they can suture into place on top of a breast cancer tumour in a mouse. Using this window they could image the cells clearly and study metastasis for long periods of time in the living animal. To aid them in tracking tumour cells through the window, the researchers artificially expressed a 'coloured' protein, which could be switched on at will, in the breast cancer cells, before implanting them in the mouse breast to form the tumour. This allowed the investigators to track the cells’ movement over hours and even days.

Using this approach, they observed differences in metastatic behaviour of cells in different parts of the tumour and also monitored the appearance of the coloured cells in other regions of the body. This method will allow detailed long-term investigation of breast cancer biology in a native breast environment and could be extended to diverse studies of cell motility and tissue morphogenesis in the future.

doi: 10.1038/nmeth.1269

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度