Research press release

クラスターコンピューティングによる脳全体の活動のマッピング

Nature Methods

Whole-brain activity mapping using cluster computing

敏しょうなゼブラフィッシュの脳全体の神経活動を細胞レベルで大規模に解析することを可能にするオープンソースのコンピューターツールとイメージング法が、今週号で発表される。その方法は、米国立衛生研究所のBRAINイニシアチブが目指す、極めて大規模な脳活動データセットの簡便で迅速な解析に重大な意味を持つ。

Misha Ahrensたちは、1つのタスクを実行するために多数のネットワーク化されたコンピューターを働かせる分散コンピューティング技術を利用して、脳活動を解析するための使いやすいツールのセットを作製した。この方法論によって、他の手法では何時間もかかるデータセットの解析を、数秒から数分で行うことができる。Ahrensたちは次に、敏しょうなゼブラフィッシュを対象として、この方法を、細胞レベルで脳全体の機能イメージングを行うシステムと組み合わせた。その結果、この種の魚類の脳活動ではこれまで明らかにされていなかったパターンが発見されたという。今回の技術開発により、神経科学者は、脳がどのように機能しているのかに関して、新たな洞察が得られるようになると考えられる。

Open source computational tools and imaging methods that enable large-scale analysis of whole-brain neuronal activity at the cellular level in alert zebrafish are reported this week in Nature Methods. These methods are crucial for easy and quick analysis of very large data sets of brain activity, a goal of the US National Institute of Health’s BRAIN Initiative.

Misha Ahrens and colleagues utilized distributed computing technology, in which numerous networked computers work together to accomplish a task, to create a set of easy-to-use tools to analyse brain activity. This methodology allows for the analysis of data sets in seconds to minutes that would otherwise take hours to analyse. They then combined this with a system for whole-brain functional imaging at the cellular level for alert zebrafish. The authors report that they found previously undocumented patterns in the brain activity of these fish. These technical developments will allow neuroscientists to obtain new insights into how the brain functions.

doi: 10.1038/nmeth.3041

doi:10.1038/nmeth.3040

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度