Research press release

脳に導入遺伝子を送達する

Nature Methods

Getting transgenes to the brain

マウスの中枢神経系に外来遺伝子を送達するための簡単な方法が、Nature Methodsで発表される。

外因性遺伝子ともよばれる導入遺伝子は、ウイルスベクターを用いて脳に送達される場合が多いが、既存の方法には欠点が存在する。特に、ベクターは脳に直接注射しなければならないのが普通である。末梢に投与して脳に届くベクターも存在するが、主としてニューロン以外の細胞や未熟なニューロンが標的とされる。

今回J-P Louboutinたちは、組み換えSV40ウイルスに由来するベクターをマウスに静脈注射すると、中枢神経系の複数の領域に存在する成熟ニューロンで導入遺伝子が効率的に発現することを示した。この現象は特に、有機化合物マンニトールの投与で血液脳関門が緩んだときに生じた。

研究チームは、標準的なレポーターおよび治療薬としての可能性をもつタンパク質の双方を用い、この方法による脳への送達を調べた。その結果、皮質および脊髄の複数領域に存在する成熟ニューロンが強力に標的化されたという。しかし、蛍光タンパク質などいくつかの一般的なレポーターの送達には、最適化の余地が残されている。

さまざまな種類のタンパク質を発現する導入遺伝子がマウス中枢神経系の成熟ニューロンに対して広く強力に送達されるようにすることで、この方法は神経生物学のさまざまな実験を簡素化して実現可能なものにすると考えられる。

A simple method to deliver external genes to the mouse central nervous system is published this week in Nature Methods.

Exogenous genes, or transgenes, are frequently delivered to the brain using viral vectors, but existing methods for doing this have disadvantages. In particular, it is typically necessary to inject the vectors directly into the brain. Although some vectors do reach the brain if administered peripherally, they predominantly target non-neuronal cells and immature neurons.

Jean-Pierre Louboutin and colleagues now show that vectors derived from recombinant SV40 viruses can be injected intravenously into mice to yield efficient expression of transgenes in mature neurons in several areas of the central nervous system. This occurs in particular after administration of the organic compound mannitol to relax the blood-brain barrier.

The authors examined both standard reporters and proteins of potential therapeutic interest for their delivery to the brain using this method. They report that mature neurons in multiple regions of the cortex and spinal cord were robustly targeted. The delivery of some popular reporters, such as fluorescent proteins, remains to be optimized, however.

By permitting robust diffuse delivery of transgenes expressing several different types of proteins to mature neurons in the mouse central nervous system, this approach should simplify and enable numerous experiments in neurobiology.

doi: 10.1038/nmeth.1518

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度