Research press release

活動する線虫の脳

Nature Methods

A worm’s brain in action

生きている線虫(Caenorhabditis elegans)の頭部に存在する大多数のニューロンの活動を画像化する技術の開発に関する論文が、今週オンライン版に掲載される。その技術は、線虫の神経系の機能研究、および脳の機能と構造との関連付けに新たな可能性をもたらすと考えられる。

近年の神経科学研究は、ニューロンの大集団に関する詳細な脳活動地図を得ることをめざしている。脳全体の細胞の活動を観察すれば、脳が情報を保存して行動を制御する仕組みに関して、重要な情報が得られると考えられている。単純なモデル生物である線虫(C. elegans)は体内にニューロンを302個持っており、その解剖学的所在および結合性に関しては地図が作成されている。しかし、同時に個別の活動が測定されるニューロンの数は、ごく少数にとどまっていた。

Alipasha Vaziri、Manuel Zimmerたちは、画像化技術にさまざまな進歩を加えるとともに、ニューロン活動のレポーターを開発した。それにより、線虫のニューロンの約3分の1(線虫の頭部のニューロンの約70%を含む)の活動を示す画像が得られるようになった。

Technological developments that allow researchers to image the activity of the majority of neurons in the head area of a living Caenorhabditis elegans are reported in a paper published online this week in Nature Methods. The technique will open new possibilities for studying the function of the organism’s nervous system and for pairing brain function to brain anatomy.

Recent efforts in neuroscience have aimed to obtain detailed brain activity maps of large groups of neurons. It is believed that observing the activity of cells across the whole brain will reveal important information about how the brain stores information and controls actions. The simple worm model organism, C. elegans, has 302 neurons in its body whose anatomical locations and connectivity have been mapped. However, neuronal activity had only been measured in a few individual neurons at a time.

Alipasha Vaziri, Manuel Zimmer and colleagues developed a number of imaging technology advances and a neuronal activity reporter that enable imaging of the activity of about one-third of the neurons in the worm (which includes about 70% of the neurons in the worm’s head).

doi: 10.1038/nmeth.2637

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度