Research press release

特定の種類の細胞を狙う

Nature Methods

Targeting specific cell types

ヒトおよびマウスのさまざまな種類の細胞に特異的に遺伝子を送達するために作られたウイルスベクターが、Nature Methods(電子版)で発表される研究論文で紹介される。この技術は、生きている動物の狙った細胞への特異的な遺伝子導入を可能にするものである。

細胞の遺伝的改変は、レンチウイルスなどのウイルスベクターによって行われることが多い。こうしたウイルスは、細胞が分裂しているかどうかを問わず、目的の遺伝子を染色体に安定的に組み込む。最新のレンチウイルスベクターは、マウス、ラット、およびヒトのあらゆる種類の細胞への非選択的な侵入を媒介する特別なタンパク質を備えている。しかし、特定の種類の細胞への送達が望まれる場合はきわめて多く、ウイルスは特定の細胞だけに選択的に侵入するように組み換えることができる。

C Buchholzたちは、標的とする細胞がもつ特異的な表面タンパク質のみを認識する抗体でレンチウイルス表面のタンパク質を修飾することにより、そうした細胞特異的なレンチウイルスベクターを作製した。作製された組み換えレンチウイルスは、ヒトの内皮細胞(血管の内壁を覆う細胞)、ヒトの血球の前駆細胞、および脳の生理に重要な特定のグルタミン酸受容体を発現するマウスのニューロンに、特異的に侵入した。

Viral vectors that are tailored for the specific delivery of genes to a variety of human and mouse cell types are reported in a study published this week in Nature Methods. This technology enables specific gene transfer into target cells in a live animal.

Genetic modification of cells is generally achieved using viral vectors such as lentiviruses. These viruses stably integrate the gene of interest into the chromosomes of dividing as well as nondividing cells. Current state-of-the-art lentiviral vectors are equipped with a specific protein that mediates nonselective entry into all types of mouse, rat and human cells. Very often though, the delivery to specific cell types is desired, and viruses can be engineered to selectively enter only specific cells.

Christian Buchholz and colleagues generated such cell-specific lentiviral vectors by modifying a protein on the surface of the virus with antibodies that recognize only specific surface proteins present on target cells. These engineered lentiviruses selectively infect human endothelial cells, cells that line the interior of blood vessels, human blood-cell progenitors and mouse neurons that express specific glutamate receptors which are important for brain physiology.

doi: 10.1038/nmeth.1514

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度