Research press release

行動する脳を見るための新たな窓

Nature Methods

A new window into the behaving brain

ハエの脳が視覚情報を運動行動に変換する仕組みが、Nature Methods(電子版)に発表される。

脳が視覚的な刺激を処理して運動に変換する仕組みを研究するうえで、ショウジョウバエDrosophila melanogasterは理想的な生物である。生きたハエを用いる生理学的実験の多くでは、足が自然に動かないようにハエを固定する。出色の新技術で、Jayaramanたちは、ハエに視覚刺激を与えると同時に一部のニューロンの活性を遺伝的にコードされたカルシウムセンサーで測定する方式を考案した。測定は、空気で支持されたボールの上をハエが歩くときの動きを追跡して行われた。

測定したニューロンの活性は、視覚刺激に対する特定の歩行行動と関連していることがわかった。この技術を用いれば、現在は機械的に対処が困難なほかの生物の学習および記憶に関する研究も可能になると考えられる。

The way in which the fly brain transforms visual information into motor actions is reported online this week in Nature Methods.

The fruit fly Drosophila melanogaster is an ideal organism to study how the brain processes visual cues and transforms them into locomotion. In most physiology experiments with living flies, the animals are held in positions that prevent natural movement of their legs. In a new technological feat, Jayaraman and colleagues devise a setup that presents flies with a visual stimulus and simultaneously records activity of some of their neurons using a genetically encoded calcium sensor. This was done while tracking the fly's movements as it walks on an air-supported ball.

The researchers saw that activity in the examined neurons was associated with specific walking behaviors in response to the visual cues. This technique will also allow studies related to learning and memory that are at present difficult to address mechanistically in other organisms.

doi: 10.1038/nmeth.1468

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度