Research press release

マウスの表情を読み取る

Nature Methods

Reading the facial expression of mice

マウスの表情から疼痛を測定する標準化された方法「マウスしかめつらスケール」が、Nature Methods(電子版)に発表される。表情をコード化するこのシステムを利用すれば、疼痛の評価が正確に行われて疼痛研究が進展するとともに、実験用のマウスに不必要な疼痛を与えずに済むようになる。

ヒトは表情で疼痛を表現することから、幼児など、表情以外の方法でコミュニケーションすることができない個人の疼痛評価のために、表情がコード化されて利用されている。マウスで同じことができないか、というのは未解決の問題であった。疼痛研究はげっし類モデルに大きく依存しているが、現時点では圧力および温度刺激に対する逃避反応の測定以外にほとんど手段がなく、慢性疼痛体験のごく一部しかモデル化されていない。

J Mogilたちは、何百匹ものマウスを用い、中等度の疼痛刺激を与え始める前後の顔を分析した。その結果、閉眼、鼻と頬の膨らみ、および耳とひげの形の変化という5種類の顔の特徴が確認された。それは刺激の強度に応じて変化し、疼痛スコアを割り当てることができた。その目標の1つは、不十分な術後鎮痛を目視検査だけで検知することである。

The mouse grimace scale, a standardized way to measure pain from facial expression in mice, is published online this week in Nature Methods. This facial coding system will allow for accurate pain assessment and advances in pain research, while eliminating unnecessary pain of laboratory mice.

Humans express pain through facial expressions, and these have been coded and used for pain assessment in individuals who cannot communicate in any other way, for example, infants. Whether the same can be done for mice was an open question. Pain research heavily depends on rodent models but at the moment researchers are largely limited to measuring withdrawal responses to pressure and thermal stimuli, which model only minor aspects of the chronic pain experience.

Jeffrey Mogil and colleagues analyzed hundreds of images of mice before and during a moderate pain stimulus. They established five facial features ― orbital tightening, nose and check bulge, and changes in ear and whisker carriage ― that change in accordance with the severity of the stimulus and allow the assigning of pain scores. One of the goals is to detect insufficient postoperative analgesia by mere visual inspection.

doi: 10.1038/nmeth.1455

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度