Research press release

マウスの内面を画像化する

Nature Methods

Imaging a mouse on the inside

マウスの消化管および気道を内視鏡で高分解能に画像化する方法が、Nature Methods(電子版)で発表される。この方法論は、生動物の粘膜表面を管に沿って分析するのに有用になると考えられる。

消化管および気道の内面は、体外から侵入する病原体や毒素などの潜在的有害物と常に接触している。そのため、この細胞バリアの的確な機能は、健康および恒常性の維持に重要であり、小動物モデルでそれが画像化されれば、疾患に関する情報が得られる。

従来、マウスのような小動物を対象とする内視鏡による広域的な画像化は、個々の細胞を可視化するのに十分な分解能で行うのが困難と考えられていた。今回の論文でYunたちが紹介する側視内視鏡は、小動物で容易に操作可能であり、研究チームはそれを用いてマウスの腸管および気道で血管および細胞を画像化した。結腸直腸がんのマウスモデルを利用して、研究チームは、腫瘍増殖のイニシエーションおよび進行を経時的に追跡した。

High-resolution endoscopic imaging of the mouse gastrointestinal and respiratory tracts is presented in a study published this week in Nature Methods. This methodology should prove useful for the longitudinal study of mucosal surfaces in live animals.

The inner surfaces of the gastrointestinal and respiratory tracts are in constant contact with potentially noxious material ― such as pathogens and toxins ― from the outside environment. Proper function of these cellular barriers is therefore important for the maintenance of health and homeostasis, and imaging them in small animal models could provide insight into disease.

Until now, wide-area endoscopic imaging in small animals, like the mouse, has proved challenging to do with high enough resolution to visualize individual cells. In this paper, Yun and colleagues report on a side-view endoscope that is easily maneuvered in small animals and that they use to image blood vessels and cells in the mouse gut and respiratory tract. Using mouse models of colorectal cancer, they monitor the initiation of tumor growth and progression over time.

doi: 10.1038/nmeth.1440

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度