Research press release

小型環状DNAで初期化

Nature Methods

Reprogramming with minicircles

ゲノムを永久的に改変することなくヒト人工多能性幹細胞を作製する簡単な方法が、Nature Methods(電子版)に発表される。

ヒト細胞に多能性を与える初期化は、発生と疾患の研究、および究極的には細胞を利用する治療法の面で、期待が大きい。しかし、理想的には、永久的なゲノムの改変を行わずに人工多能性幹細胞を作製する、優れた方法が必要とされている。

今回J Wuたちは、初期化に必要な4因子を運ぶ単純な小型環状ベクターによって、2種類のヒト細胞が初期化されることを明らかにした。このベクターで因子を運ぶことによって成人の脂肪幹細胞が初期化されることは、注目に値する。脂肪幹細胞は、比較的人体から採取しやすく、患者独自の細胞株を樹立するための優れた細胞供給源となる可能性をもっているのである。この小型環状DNAは、時間の経過とともに細胞から失われ、ゲノムには組み込まれない。

A simple way to make human induced pluripotent stem cells without permanently modifying the genome is presented in a study published online this week in Nature Methods.

Reprogramming human cells to induced pluripotency holds great promise for research in development and disease and eventually for cell-based therapy. However, improved methods to make induced pluripotent stem cells, which ideally do not permanently modify the genome, are needed.

Joseph Wu and colleagues now report that simple minicircle vectors delivering the four required reprogramming factors can be used to reprogram two human cell types. Notably, they used minicircle-based delivery to reprogram adult human fat stem cells, which can be relatively easily obtained from humans and could provide a good source for generating patient-specific cell lines. The minicircle DNA is lost from the cells over time and does not integrate into the genome.

doi: 10.1038/nmeth.1426

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度