Research press release

Salmonellaが宿主を害する仕組み

Nature Methods

How Salmonella corrupt their host

病原菌Salmonella entericaが宿主細胞に注入するタンパク質を標識する技術が、Nature Methods(電子版)で発表される。これにより、そのタンパク質の機能が解明されるとともに、Salmonella感染を予防する方法が示されると考えられる。病原菌がタンパク質を利用するタイミングと部位を正確に知ることは、それを攻略するうえで重要であろう。

Salmonellaは、ヒトに重度の胃腸炎および腸チフス熱をもたらす病原菌である。この病原菌が宿主細胞に侵入するにあたっては、まず一部のタンパク質を宿主に注入し、それを利用して細菌自体が宿主内部に侵入する。侵入すると、細菌タンパク質の第二波が宿主細胞の内部に注入され、それがこの細菌の増殖に役立つ。このタンパク質第二波のタイミングと部位は、細菌自身が厳密に調節している。

このタンパク質を追跡するため、A Palmerたちは、宿主細胞内で発現する片割れと補完し合って初めて光り始める蛍光タンパク質のパーツでそれを標識した。このタンパク質相補分析法により、Salmonellaは、生きた宿主細胞に注入した複数のタンパク質を追跡し、自分のために細胞装置を利用する様子を可視化することができるようになった。

A technique to label proteins that the pathogen Salmonella enterica injects into host cells is published online this week in Nature Methods. This will shed light on the function of these proteins and point to ways in which Salmonella infection may be prevented. Knowing exactly when and where pathogens use their proteins will be important information in conquering them.

Salmonella are pathogens that cause severe gastroenteritis and typhoid fever in humans. This bacterial pathogen enters the host cell by first injecting some of its proteins into the host which then allow the whole bacterium to gain entry into the host. Once inside, a second wave of bacterial proteins is injected into the interior of the host cell, aiding in the proliferation of the bacteria. The timing and location of the second wave of proteins is tightly regulated by the bacteria.

To follow these proteins Amy Palmer and colleagues tagged them with part of a fluorescent protein that only starts to glow when it is complemented with the other part of the same fluorescent protein that is expressed in the host cells. This protein complementation assay allows the researchers to follow several Salmonella proteins after injection into the live host cell and to visualize how they co-opt the cellular machinery for their own purposes.

doi: 10.1038/nmeth.1437

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度