Research press release

神経系損傷の回復を評価する

Nature Methods

Evaluating recovery to nervous system injuries

中枢神経系(CNS)が損傷したげっ歯類の運動機能評価が、Nature Methodsに発表される。この研究の体系的に収集されたデータセットを用いれば、ある種の神経系損傷を適切な運動障害と結び付け、さまざまな治療法の有効性を的確に評価することができる。

外傷、脳卒中、または神経変性疾患でCNSが損傷を受けると、運動機能に障害が生ずる。げっ歯類では、歩行や遊泳などの運動検査により、この種の損傷で生じた機能性運動障害が評価されている。新規の治療法が奏効するかどうかを見極めるとともに、自発的回復につながるような複雑なCNSプロセスを明らかにするには、正確で包括的な機能検査が重要である。

B Zoernerたちは、2種類の歩行、水中歩行、および遊泳という4種類の運動課題を利用して、CNS損傷のさまざまなモデルのラットおよびマウスで、運動障害のさまざまな側面を検討した。その結果、げっ歯類の運動特性がCNS損傷の部位および重症度に強く依存することがわかった。

An assessment of locomotor function in rodents with central nervous system (CNS) injuries is published this week in Nature Methods. The study provides a systematically collected data set to help researchers match a type of nervous system lesion with its appropriate locomotor impediments in order to best evaluate the effectiveness of different treatments.

A consequence of damage to the CNS caused by trauma, stroke or neurodegenerative diseases is impairment of motor functions. In rodents, locomotion tests ― such as walking or swimming ― are used to evaluate the functional motor deficits caused by this kind of damage. Accurate and comprehensive functional testing is important to determine whether a novel therapeutic approach is successful as well as to understand complex CNS processes, such as those leading to spontaneous recovery.

Bjoern Zoerner and colleagues used four motor tasks ― two types of walking, wading and swimming ― that test different aspects of locomotion deficits in rats and mice with different models of CNS damage. They found that the locomotor profiles in the rodents were highly dependent on the location and severity of the CNS lesion.

doi: 10.1038/nmeth.1484

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度