Research press release

1万個の胚 ― そして計数

Nature Methods

Ten thousand embryos ― and counting

すべてが全く同じ発生段階にある線虫胚を大量に収集する方法が、Nature Methods(電子版)に発表される。これは、胚発生の初期の事象に関する詳細な研究に役立つと考えられる。

線虫Caenorhabditis elegansは、生物学の世界で一般的な動物モデルであり、胚発生初期の事象に不可欠な遺伝子の多くが同定されている。しかし、現在のところ、同じ発生段階にある胚を大量に収集することができるようにはなっていない。その実現は、全ゲノム的規模で遺伝子発現およびタンパク質相互作用を研究するための必要条件である。現在選択可能な方法は手作業で胚を収集することであるが、それは時間がかかり、大規模な研究に適した試料サイズが得られない。

N Rajewskyたちは、蛍光活性細胞分離法(FACS)でその過程を改良した。研究チームは、蛍光マーカーと融合させた段階特異的タンパク質を発現する胚を作製した。胚は、その段階に到達すると蛍光を発する。これは、同じ段階にある胚を短時間で何万個も収集するのに理想的な方法である。

この方法を利用することにより、研究チームは、高処理能の配列解読を行って胚内の小規模なRNA集団を解析し、線虫胚の最初の細胞周期で遺伝子発現が変化するようすに関する洞察を得た。

A technique to collect large numbers of worm embryos, all precisely the same age, is reported online this week in Nature Methods. It will allow for detailed studies of early events during embryogenesis.

The worm Caenorhabditis elegans is a popular animal model for biologists, and many genes essential for the early events in embryo development have been identified. Yet, to date, it has not been possible to collect large numbers of embryos at the same developmental stage, a prerequisite to studying gene expression and protein interactions on a genome-wide scale. The current method of choice is collecting the embryos by hand, which is time consuming and does not yield adequate sample size for large-scale studies.

Nikolaus Rajewsky and colleagues improve the process using fluorescence-activated cell sorting (FACS). They create embryos that express a stage-specific protein fused to a fluorescent marker; when the embryo reaches the particular stage, it fluoresces. This is an ideal way to rapidly collect tens of thousands of embryos at the same stage.

Making use of this technique, the scientists carried out high-throughput sequencing to profile small RNA populations in embryos, and gained insight into how gene expression changes during the first cell cycles in a worm embryo.

doi: 10.1038/nmeth.1370

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度