Research press release

1個の細胞に関する塩基配列決定

Nature Methods

Sequencing a single cell

次世代配列決定技術を使えば、1個の細胞のトランスクリプトーム(mRNA集団の全体)を解析できることを報告する研究論文が、Nature Methods(電子版)に掲載される。

トランスクリプトームからは、転写活性のある遺伝子の機能、調節、相互依存性に関する情報が得られる。近年、RNA-Seq(トランスクリプトーム解析にハイスループット塩基配列解読を用いる方法)によって、例えば、ゲノムのどの程度の部分が転写されているのか、それぞれの遺伝子にいくつのRNA変異体が作られるのか、といった論点について新たな手がかりが得られている。ただし、数十万個の細胞を必要とする点がRNA-Seq法の弱みとなっている。

A Suraniらは、単一細胞の解析にRNA-Seqを用い、4細胞期のマウス胚に由来する個々の細胞と卵母細胞のトランスクリプトーム解析をこれまでになく詳細に行った。

この手法は、初期胚の発生過程において、細胞に発現する遺伝子すべてを一細胞単位で詳細に調べることができる点で発生生物学にとって重要なことは言うまでもない。さらには、複雑な組織における細胞の不均質性を調べることができ、一細胞レベルでの疾患発症の解析も可能にしている。

The entire RNA pool, the transcriptome, of an individual cell can be read by next-generation sequencing, reports a study published online in Nature Methods this week.

The transcriptome provides information about the function, regulation and interdependence of active genes. Recently scientists have applied high-throughput sequencing to transcriptome analysis, a method called RNA-Seq, which has led to new insights for instance how much of the genome is transcribed and how many RNA variants of each gene are produced. A limitation of this RNA-Seq approach is that it requires hundreds of thousands of cells.

Azim Surani and colleagues adapted RNA-Seq to the analysis of a single cell and analyzed the transcriptome of an individual mouse cell from a four-cell embryo and of an oocyte in unprecedented detail.

Not only will this technique be important for developmental biology, as it allows the in-depth study of all genes expressed in a single cells during early embryonic development; it will also permit the study of cell heterogeneity in complex tissues and enable analysis of disease development at the single-cell level.

doi: 10.1038/nmeth.1315

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度