Research press release

研究室で進化を分析する

Nature Methods

Analyzing evolution in the lab

厳しい条件で細菌が生存するのに役立つ遺伝的変異を迅速に同定するための方法が、Nature Methods(電子版)に紹介される。この方法は、さまざまな微生物の進化の研究に応用可能である。

細菌は、環境に対して速やかに適応することから、実験室的な時間スケールで進化を研究するのに理想的な生物である。その研究には二重の困難がある。第一は、元の系統と進化した系統との差をすべて明らかにすることであり、第二は、進化した系統のどの遺伝的変異が新しい環境への適応をもたらしているのかを明らかにすることである。

S Tavazoieたちは、ADAM(array-based discovery of adaptive mutations;アレイを用いた適応変異の発見)という新しい方法を開発した。これは、細菌系統のゲノム全体を探索し、進化した系統と親系統との表現型の差に寄与する変異を特定するものである。細菌の環境への適応に寄与する変異と全く影響のない変異とがADAMで区別されることは重要である。

ADAMによる高速で高感度な適応変異解析は、特別な細菌系統の開発にも有用と考えられる。

An approach to quickly identify genetic mutations that help bacteria survive under challenging conditions is reported online this week in Nature Methods. This method can be applied to study the evolution of different microbes.

Since bacteria adapt quickly to their environment, they are the ideal organisms to study evolution on a laboratory time-scale. The challenge in these studies is twofold: first to identify all differences between the original strain and the evolved strain, and second to determine which genetic mutations are responsible for the adaptation to the new environment in the evolved strain.

Saeed Tavazoie and colleagues developed a new technology they call ADAM, for array-based discovery of adaptive mutations, which searches entire genomes of bacterial strains to pinpoint the mutations that contribute to the phenotypic variation between an evolved strain and its parent. Importantly, ADAM allows the researchers to distinguish between mutations that help the bacteria adapt to their environment and those that have no effect.

ADAM's rapid and sensitive profiling of adaptive mutations will also be useful for the development of customized bacterial strains.

doi: 10.1038/nmeth.1352

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度