Research press release

小さなゲノムを作る

Nature Methods

Making small genomes

細胞小器官(マウスのミトコンドリア)の全ゲノムを人工的な60ヌクレオチドの断片から合成したという研究成果が、Nature Methods(電子版)に発表される。この研究は、あらゆる改変を施した小さなゲノムの迅速な設計への扉を開く可能性がある。

かつてD Gibsonたちは、人工的な部品から細菌ゲノムを作り上げたが、そのゲノムの組み立ては手間のかかる高コストなものであった。今回研究チームは、試験管内での進行が可能であらゆる配列を取り扱うことができ、高速でほぼ自動化可能なものとなるよう、その組み立て工程を最適化した。600本の重複するオリゴヌクレオチドから16,300塩基のマウスミトコンドリアゲノムを合成することにより、最適化されたその方法の潜在能力が示された。そのミトコンドリアの機能は調べられていないが、研究チームはそれを行うための方法を提唱している。それにより、この組み立て方法は、あらゆる遺伝因子を小さな構成要素から合成する工程に役立つと考えられる。

The synthesis of an entire organellar genome, the mouse mitochondrium, from synthetic 60 nucleotide fragments, is published online this week in Nature Methods. This work may open the door for the rapid design of small genomes with any modification of choice.

Though Daniel Gibson and colleagues had previously created a bacterial genome from synthetic parts, the assembly of this genome was laborious and expensive. Here the authors optimize the assembly process into a fast and largely automatable process that can be carried out in test tubes and is amenable to any sequence. The team demonstrates the potential of their optimized approach by synthesizing the 16.3 kilobase mouse mitochondrial genome from 600 overlapping oligonucleotides. Although they do not functionally test the organelle, they propose ways to do so. This assembly approach should therefore aid the process of synthesizing of any genetic element of choice from small building blocks.

doi: 10.1038/nmeth.1515

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度