Research press release

多能性を手軽に

Nature Methods

Easing the way to pluripotency

分化した細胞には作用せずに多能性幹細胞で遺伝子を選択的に発現させるツールが、Nature Methods(電子版)に発表される。

人工多能性幹(iPS)細胞は成熟細胞を初期化して得られるものであり、各種成熟細胞に分化する能力をもっているが、初期化プロセスの効率は極めて低い。

J Ellisたちは、iPS細胞でのみ遺伝子を発現させるウイルス由来ベクターによってiPS細胞の選択がうまくいくようになることを示した。このベクターを利用して、抗生物質耐性遺伝子を発現させることにより、新生iPS細胞に抗生物質耐性が付与された。研究グループは、神経発達障害「レット症候群」モデルのマウスおよびヒトiPS細胞を作製した。今回の方法は、マウスでもヒトでもiPS細胞株の分離を単純化するため、実験室での疾患研究に有用であることが明らかになると考えられる。

この方法は、特定疾患患者の細胞を初期化してiPS細胞が得られる疾患の試験管モデルを作製するのに特に有用とみられる。

Tools to selectively drive the expression of genes in pluripotent stem cells while leaving differentiated cells untouched are reported online this week in Nature Methods.

Induced pluripotent stem (iPS) are made by reprogramming mature cells; they have the potential to differentiate into different mature cell types, but the process of reprogramming is very inefficient.

James Ellis and colleagues describe how virus-derived vectors that drive gene expression exclusively in iPS cells improve the selection of iPS cells. The authors use these vectors to impart antibiotic resistance to emerging iPS cells by driving the expression of an antibiotic resistance gene. Ellis and colleagues derive mouse and human iPS cells modeled for the neurodevelopmental disorder Rett syndrome. This new method will prove useful for studying diseases in the laboratory since it simplifies the isolation of both mouse and human iPS cell lines.

The approach is likely to be particularly useful for making test tube models of diseases, where iPS cells are derived by reprogramming cells of patients with a particular disorder.

doi: 10.1038/nmeth.1325

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度