Research press release

三次元空間内の細胞の牽引力を測定する

Nature Methods

Measuring cell traction in 3D

細胞が三次元空間を移動するときに使う力を測定する方法が、Nature Methods(電子版)で発表される。

移動する細胞は、周囲の素材と絶えず接触しており、突起を伸ばして移動のための力を加える。そうした動きは発生中の組織形成に不可欠であるが、がんの転移にも寄与している。細胞が生み出す力は生物学的に極めて重要であるが、三次元空間でそれを測定することは極めて困難である。

C Chenたちは、ヒドロゲル素材に封入された細胞の牽引力を測定する定量的な方法を紹介している。細胞はこの素材の中を移動し、その過程でヒドロゲルに埋め込まれた蛍光ビーズを動かした。研究チームは、蛍光ビーズの動きを利用して細胞のさまざまな部分が使った力を計算し、移動する細胞の先端がどのように進むのかについての洞察を得た。

さらに、この方法をさまざまな種類の細胞に応用してその汎用性を評価し、これが各種生物学的状況下での細胞移動の役割および調節に関する理解を深めるのに役立つと予想している。

A technique to measure the forces a cell exerts as it moves through three-dimensional space is published online this week in Nature Methods.

A moving cell is in constant contact with its surrounding matrix, extending processes and applying forces that drive migration. Such movement is essential for tissue formation during development but also contributes to metastasis in cancer. Despite the fundamental biological importance of cell-generated forces, it has proven difficult to measure them in three dimensions.

Christopher Chen and colleagues present a quantitative approach to determine the traction forces of cells that are encapsulated in a hydrogel matrix. The cells migrated through the matrix, and in doing so they displaced fluorescent beads embedded in the hydrogel. The researchers used this displacement to calculate the force exerted by different parts of the cell, which gave them insights into how the tip of a migrating cell advances.

They applied this approach to several cell types to assess its general applicability and anticipate that in the future it will allow a better understanding of the role and regulation of cell movement in a range of biological settings.

doi: 10.1038/nmeth.1531

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度