Research press release

生きた動物の遺伝子を活性化させる

Nature Methods

Activating genes in live animals

単一の細胞または生命体全体の遺伝子発現を精密に調節するツールが、Nature Methods(電子版)に発表される。この研究は、特定の発現パターンが多くの未解決問題で重要性をもつ発生生物学の分野で有用なものになると考えられる。

遺伝子の機能を解明するには、発現の空間的、時間的な特性を制御しながら、生きている生物の体内で発現を誘導することが望ましい。このことを念頭に、S Cambridgeたちは、培養細胞で機能することが知られている系を改変し、それが生体内でもうまく働くようにした。

研究チームは、ある特定のプロモーターに隣接する遺伝子を活性化させることが知られている小分子を選び、それを紫外線感受性物質と結合させることによって不活性化させた。このプロセスは「ケージ化」として知られている。ケージ化された分子を含む細胞に害にならない程度の紫外線を照射すると、ケージが解除され、この分子が機能させるプロモーターによって調節される遺伝子が活性化する。活性化のための紫外線を照射する時期および部位を精密に制御すると、マウス胚およびオタマジャクシでは、全身はもとより単一細胞で遺伝子発現が誘導された。

Tools to precisely regulate gene expression in single cells or whole organisms are reported online this week in Nature Methods. The research could prove useful in the field of developmental biology where specific patterns of expression are central to many unanswered questions.

To understand the function of genes, it is advantageous to induce their expression in a live organism while controlling the spatial and temporal aspects of expression. With this in mind, Sidney Cambridge and colleagues modified a system known to work in cell culture so that it also worked within organisms.

The authors took small molecules known to activate genes adjacent to a particular promoter and inactivated these molecules by linking them to UV light-sensitive chemical compounds ― a process known as caging. Exposing cells containing caged molecules to innocuous levels of UV light removes the cage and allows activation of the gene regulated by the molecule-sensitive promoter. By precisely timing and localizing the activating light, the authors induced gene expression in single cells as well as whole organisms of mouse embryos and tadpoles.

doi: 10.1038/nmeth.1340

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度