Research press release

線虫の遺伝子発現の自動撮像

Nature Methods

Automated imaging of worm gene expression

線虫C. elegansの胚発生時の遺伝子発現を追跡するシステムが、Nature Methods(電子版)に発表される。

受精卵から多細胞生物が生ずる発生の過程を解明することは、生物学研究の大きな目標となっている。その実現には、発生時に全細胞で発現している遺伝子を明らかにすることが大いに役立つと考えられる。C. elegansは、透明で構造が比較的単純であるため、また、系統(言い換えれば、発生中の細胞分裂パターン)が既に明確化されていることから、そのような研究に最適である。

B Waterstonたちは、自動撮像法を応用し、C. elegansの胚で重要な転写因子をコードしている4個の遺伝子の1つひとつに関して、蛍光標識の発現時期と相対的発現量を追跡した。これにより、目をつけた遺伝子を発現する細胞が、発生の350細胞期まで(最終分裂を除く胚の全分裂が含まれる)、正確に把握された。

このことは、さらに多くの遺伝子に関してレポーターを体系的に解析するための基礎となり、この生物の発生時に全細胞で発現する遺伝子の全体像を明らかにするうえで役立つと考えられる。

A system to monitor gene expression during embryonic development of the worm C. elegans is published online this week in Nature Methods.

Understanding the process of development, where a fertilized egg gives rise to a multicellular organism, is a major goal in biological research. This would be helped greatly by defining which genes are expressed in every cell during development. C. elegans is ideal for such studies because it is transparent and relatively simple, and because its lineage ? that is, the pattern of cell divisions over the course of its development ? has been previously defined.

Bob Waterston and colleagues apply automated imaging to monitor the timing and relative expression levels of fluorescent indicators for four individual genes, each encoding an important transcription factor, in the C. elegans embryo. They could identify precisely which cells expressed the gene of interest up until the 350-cell stage of development, which includes all but the last round of cell division in the worm embryo.

This sets the stage for a systematic analysis of reporters for many more genes, which will help reveal the entire range of expressed genes for every cell during development in this organism.

doi: 10.1038/nmeth.1228

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度