Research press release

ヒトの尿に含まれる細胞を再プログラムして神経前駆細胞を得る

Nature Methods

Methods: Reprogramming cells in human urine to neural progenitors

神経前駆細胞は、研究用およびスクリーニング用のニューロンの有用な供給源となる可能性がある。ニューロンと異なり、この前駆細胞は細胞分裂を行うため、培養皿上で増殖させてから研究用のニューロンに分化させることができる。神経変性疾患患者からの神経前駆細胞の作製には、大きな関心が寄せられている。Duanquing Peiたちが発表しているのは、特定の培養条件を再プログラム転写因子への一時的な曝露と組み合わせることによってヒトの尿に含まれている細胞を神経前駆細胞に転換する再プログラム法である。この前駆細胞からは、機能性のニューロンをin vitroで効率的に得ることができ、効率は落ちるもののグリア細胞も得られる。

再プログラム用の細胞は成人ドナーの尿から非侵襲的に採取されるため、研究チームは、疾患特異的な神経前駆細胞がこの方法で作製可能になると考えている。この細胞から作製されるニューロンは、神経変性疾患の研究および新薬のスクリーニングに有用なものとなる可能性がある。

A method for reprogramming human cells in urine samples into neural progenitor cells is reported in a paper published in Nature Methods this week.

Neural progenitors are a potentially useful source of neurons for research and screening purposes. Unlike neurons, these progenitor cells divide and can therefore be expanded in the culture dish before they are differentiated into neurons for further study. There is tremendous interest in generating neural progenitors from individuals with neurodegenerative disease. Duanquing Pei and colleagues describe a reprogramming method that combines defined culture conditions with transient exposure to reprogramming transcription factors to convert cells from human urine into neural progenitors. The progenitors can efficiently generate functional neurons in vitro, as well as glial cells at lower efficiency.

Because the cells to be reprogrammed are derived non-invasively from the urine of adult donors, the authors propose that the procedure should be feasible for generating disease-specific neural progenitor cells. Neurons derived from these cells could prove useful for research on neurodegenerative disease and in screens for new drugs.

doi: 10.1038/nmeth.2283

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度