Research press release

薬物の標的を拡張する

Nature Methods

Expanding drug targets

多くの薬物探索研究の標的であるGタンパク質共役受容体の大部分をアッセイすることができる高処理能法が、今週のNature Methodsで発表される。このアッセイ法により、既存の方法では対処が困難であったGPCRの分析が可能となる。

GPCRは細胞シグナル伝達タンパク質のファミリーとして最大のものであるが、既存のアッセイ法には制約があり、薬物探索研究が妨げられる場合もあった。

青木淳賢たちが開発した「切断アッセイ」では、まずGPCR発現細胞をリガンドで刺激し、ついで細胞表面からのタンパク質の放出に見られる反応を測定する。この方法では、116種類のGPCRの90%に活性化物質が発見され、そのうち14個はこれまでに知られていないものであった。さらにこの方法では、これまでに生物学的リガンドが知られていなかったオーファン受容体3個に内因性のリガンドが発見された。

この切断アッセイは、GPCRという普遍的な細胞受容体の性質を明らかにするための研究、およびGPCRとその機能を制御する物質とを結びつけようとする研究に利用可能な高処理能アッセイ法の列に加わる価値ある方法となる可能性がある。

A high-throughput method capable of assaying a large fraction of all G protein-coupled receptors (GPCRs)-the target of many drug discovery efforts-is reported this week in Nature Methods. This assaying technique allows for analysis of GPCRs that have thus far been intractable with previous methods.

GPCRs are the largest family of cell-signaling proteins and, but existing assays have limitations, which has hindered some drug discover efforts.

Junken Aoki and colleagues developed a ‘shedding assay’ that first stimulates GPCR-expressing cells with ligands and then measures the response in the release of a protein from the surface the cells. The assay found activators for 90% of 116 GPCRs, including 14 that were previously uncharacterized. They further used the assay to identify the endogenous ligand for three orphan receptors whose biological ligand was previously unknown.

The shedding assay could be a valuable addition to the repertoire of high-throughput assays available to researchers trying to untangle the biology of this ubiquitous class of cell receptors, as well as those seeking to match GPCRs with the drugs that control their function.

doi: 10.1038/nmeth.2172

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度