Research press release

マイクロRNAの機能を研究するためのツール

Nature Methods

Tools to study microRNA function

ヒト細胞内のマイクロRNAの機能を調べるツールが、今週の『Nature Methods』で2組発表される。その新しい資源は、遺伝子発現の調節で重要な役割を果たしているマイクロRNAの機能を、従来の枠をはるかに超える規模で明らかにするのに有用と考えられる。

Brian Brownたちが紹介しているツールの一方はウイルスベクターのライブラリーで、細胞内に導入して大部分のヒトマイクロRNAの存在および活性を「感知」することができる。「Sensor-seq」というその分析法は、感知ライブラリーを利用して、任意の種類の細胞にあるマイクロRNAの活性に関する概略を、1回の短い実験で知らせてくれる。もう一方のツールは一連の「おとり」であり、そのおとりのひとつひとつが特定のマイクロRNAと結合してその活性を阻害することにより、その機能を知らせるものである。これは遺伝子ノックアウトと似た技術である。

一般的な想定とは異なり、細胞内で検出されるマイクロRNAの多くは、標的遺伝子の発現に全く影響を及ぼしていないことが、今回明らかにされた。これは、その存在量が活性に必要な閾値に満たないためである。Sensor-seqは、特定の組織に特異的な活性をどのマイクロRNAが有しているのかも明らかにする。その標的部位を改変ウイルスまたはプラスミドに含むことで、その組織からは改変ベクターが選択的に除去される。

Two sets of tools that explore the function of microRNAs in human cells are reported this week in Nature Methods. The new resources will help to unravel how microRNAs, which play an important role in regulating gene expression, function on a much larger scale than was previously possible.

One of the tools offered by Brian Brown and colleagues is a library of virus vectors that can be introduced into cells to ‘sense’ the presence and activity of the vast majority of human microRNAs. Their assay, called Sensor-seq, uses the sensory library to provide a snapshot of microRNA activity in a given cell type in a single rapid experiment. The other tool is a series of ‘decoys’, each of which can bind a specific microRNA and inhibit its activity so that researchers can learn its function-a technique analogous to gene knockout.

Unlike what is generally assumed, the researchers found that the majority of microRNAs detected in cells have no effect on the expression of their target genes because they exist below a threshold required for activity. Sensor-seq also reveals which microRNAs have activity that is specific to certain tissues. Including target sites for these in engineered viruses or plasmids can selectively remove the engineered vectors from those tissues.

doi: 10.1038/nmeth.2078

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度