Research press release

発生過程の胚の全細胞を追跡する

Nature Methods

Tracking every cell in a developing embryo

発生過程にあるハエ胚の細胞を三次元的に画像化および追跡することができる強力な顕微鏡を、今週のオンライン版『Nature Methods』で発表される2件の研究が紹介している。

Philipp Kellerたち、およびLars Hufnagelたちは、類似した顕微鏡システムをそれぞれで設計・製作した。それは、大きさがせいぜい数ミリメートルという胚全体の蛍光標識細胞を、周期30秒以内で迅速かつ三次元的に画像化することができるものである。直立する2つの独立したライトシートで標本を照らして両側から画像を撮影することにより、高速で動くひとつひとつの細胞を追尾したり、細胞以上に小さなスケールで細胞の形の変化を追跡したりするのに十分なスピードと分解能が実現された。この技術では、ハエ胚が孵化して幼虫がはい出ていくまでの20時間もの長きにわたり、胚の全貌を画像化することができた。

この顕微鏡システムでは、毎秒数百メガバイトの画像データが得られ、従来は不可能であったレベルの細かさで、生きた小型生物の全体像が観察されると考えられる。

Powerful microscopes capable of three-dimensional imaging and tracking of the cells in a developing fly embryo are described by two independent studies published online this week in Nature Methods.

Philipp Keller and colleagues and Lars Hufnagel and colleagues independently designed and built similar microscope systems that allow fast three-dimensional imaging of fluorescently labelled cells throughout an embryo-up to several millimeters in size-every 30 seconds or less. By illuminating the specimen with two independent and perpendicular sheets of light and imaging from two sides, they achieved sufficient speed and resolution to track fast-moving individual cells, as well as changes in their shape at a subcellular scale; the technique was able to image an entire fly embryo for up to 20 hours until the embryo hatched and the larvae crawled away.

These microscope systems acquire hundreds of megabytes of image data every second and should allow for the observation of small living organisms in their entirety at a previously inaccessible level of detail.

doi: 10.1038/nmeth.2062

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度