Research press release

小型で大量生産可能な蛍光顕微鏡

Nature Methods

A miniature mass-producible fluorescence microscope

マウスが頭にのせたまま動くことができるほど小さく丈夫で、完全に自己完結的な小型の蛍光顕微鏡が、Nature Methods(電子版)で発表される。この顕微鏡は、携帯可能な野外用装置として使用したり、多重顕微鏡を仕立てて多数の試料を並列的に画像化したりすることができる。

神経科学から野外診断までの用途に使う携帯型の安価な顕微鏡システムの開発には、これまで多大な労力が費やされてきたが、そうしたシステムには大きな制約があった。M Schnitzerたちが発表する多用途の蛍光顕微鏡は、質量わずか1.9グラムながら、光源から光学系、画像検出器に至るまで、すべて大量生産可能な部品を用いて製作されている。多くの潜在的用途を示すために、自由に行動するマウスの血流および神経シグナル伝達が画像化され、ゼブラフィッシュが並列的に画像化され、診断用途の将来的有用性を評価する方法として培養細胞および細菌の計数が行われた。

このシステムの設計は、簡単で低コストの大量生産を可能にする、と研究チームは考えている。改善の余地は残されているが、その性能は標準的な本格的規模の蛍光顕微鏡に近づいている。

A completely self-contained miniature fluorescence microscope small and robust enough to be carried on the head of a mouse is reported online in Nature Methods. This microscope can be used as a portable field instrument or arranged in arrays of multiple microscopes for parallel imaging of many samples.

Considerable effort has been expended on developing portable low-cost microscopy systems for applications ranging from neuroscience to field diagnostics, but such systems have had considerable limitations. Mark Schnitzer and colleagues describe a widely applicable fluorescence microscope that weighs only 1.9 grams and is built using mass-producible parts that include everything from the light source to the optics and the image detector. Its many potential uses were demonstrated by imaging blood flow and neuronal signaling in a freely behaving mouse, by parallel imaging of zebrafish, and by counting of cultured cells and bacteria as a way to assess future utility in diagnostic applications.

The authors believe the design of the system will permit straightforward low-cost mass production. Although there is still room for improvement, the performance approaches that of standard full-size fluorescence microscopes.

doi: 10.1038/nmeth.1694

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度