Research press release

絶滅危惧種の人工多能性幹細胞

Nature Methods

Induced pluripotent stem cells from endangered species

ドリル(silver-maned drill monkey)およびキタシロサイという2種の絶滅危惧種の人工多能性幹細胞が、Nature Methods(電子版)の論文で発表される。絶滅危惧種のiPS細胞は、希少動物の生物学的研究に使用する材料の供給源になると考えられる。

iPS細胞は、ヒト疾患モデルの作製、場合によっては最終的な治療法に関して、多大な期待を生み出した。しかし、この技術はほかの用途でも有用と考えられる。例えば、絶滅危惧種のiPS細胞は、そうした種の基礎的な研究、疾患モデルの作製、および場合によっては保護活動に有用である可能性がある。

J Loringたちは、ドリルおよびキタシロサイからiPS細胞を作製したことを発表している。キタシロサイは絶滅が間近で、現在生存が確認されている個体は8頭のみである。この論文は、iPS細胞技術を種の保存に応用するための第一歩であるが、その活動は、人工的な生殖に用いる機能性の配偶子を幹細胞から効率的に作製する方法を含め、多くの課題に直面している。

Induced pluripotent stem (iPS) cells from two endangered species, the silver-maned drill monkey and the northern white rhinoceros, are reported in a paper published online this week in Nature Methods. Endangered species iPS cells will provide a source of material for the biological study of otherwise rare animals. iPS cells have generated much excitement for human disease modeling and possibly for eventual therapy. But this technology may prove useful for other applications as well. For instance, iPS cells from endangered species could be useful for basic research, disease modeling and possibly for preservation efforts in these species. Jeanne Loring and colleagues describe the generation of iPS cells from the silver-maned drill and the northern white rhinoceros. The latter species is close to extinction, with only eight living animals known today. The report is the first step towards application of iPS cell technology to species preservation, an effort that faces many challenges, such as efficient conversion of stem cells to functional gametes for assisted reproduction.

doi: 10.1038/nmeth.1706

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度