Research press release

装着可能なPETスキャナー

Nature Methods

A wearable PET scanner

ラットに装着させられるほど小さな陽電子放射断層撮影装置(PET)を製作して使用したという論文が、Nature Methodsに発表された。PETという核画像化技術では、微量の放射性薬物を注入することにより、全脳の機能の分析が行われる。この技術により、覚醒していて自由に動き回ることができるラットの全脳の画像化が可能となり、齧歯類の脳機能と行動が同時に評価されるようになる。ヒトでは、認知的、薬理的、または環境的な負荷が行動および機能に及ぼす帰結の測定が比較的容易であるが、齧歯類は、麻酔薬、物理的拘束、または麻痺物質によらずに画像化用スキャナーの内部で「おとなしくさせておく」ことができないため、同じ測定を行うのが困難であった。P Vaskaたちは今回、箱の中で自由に動き回るラットに装着させることができる小型のPETスキャナーを製作した。このシステムは、行動データを収集しながらPET画像を得ることを可能にするものであり、異なる薬物が脳に与える影響やラットの性差の研究など、さまざまな実験的課題の枠組みで使用することができる。

The creation and use of a positron emission tomography (PET) imaging device small enough for rats to wear is reported online this week in Nature Methods. PET is a nuclear imaging technique that uses injections of trace amounts of radiopharmaceuticals to perform whole-brain functional studies. This technology allows for whole-brain imaging of awake, freely moving rats and opens up the possibility of simultaneously assessing brain function and behavior in rodents. Although in humans it is relatively straightforward to measure behavioral and functional consequences of cognitive, pharmacologic or environmental challenges this has not been easy duplicated in rodents because they cannot ‘stay still’ inside an imaging scanner without the use of anesthetics, physical restraint or paralyzing agents. Paul Vaska and colleagues have now engineered a miniature PET scanner that rats can wear while freely moving inside a chamber. This system allows PET imaging with simultaneous collection of behavioral data and can be used in a variety of experimental challenge paradigms―such as studying sex differences between rats or how different drugs affect the brain.

doi: 10.1038/nmeth.1582

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度