Research press release

細菌の性を全ゲノム的相互作用スクリーニングに利用する

Nature Methods

Sex in bacteria for genome-wide interaction screens

細菌の全ゲノム的な遺伝子相互作用スクリーニングに関する技術を紹介する論文が、Nature Methods(電子版)に2本掲載される。

遺伝子は単独で機能するわけではない。1つの遺伝子の機能がどの程度別の遺伝子の機能に依存するのかということからは、極めて多くの情報が得られる場合があり、それを調べるためには任意の2遺伝子の二重変異が利用されることが多い。全ゲノム的規模で実施する場合、二重変異の組み合わせは何通りにもなり、そのような研究からは研究対象生物に関して生物学的に膨大な洞察が得られる。

標準的なモデル細菌である大腸菌で全ゲノム的に二重変異を導入する方法を、2組の研究グループが初めて別々に発表した。A Emili、J Greenblattら、およびC Gross、N Kroganらが発表した方法は、コンセプトが極めて類似している。両グループが利用したのは、最も標準的な方法と考えられる細菌の性=接合である。接合では、細菌細胞間で遺伝物質が物理的に移動する。両グループは、ロボット工学を利用して複数の変異株を同時に接合させることにより、正確で示唆に富む二重変異の組み合わせが全ゲノム的規模で確実に得られることを示した。

今回の方法は、大腸菌をはじめとする細菌種に関して、全遺伝子および遺伝子ネットワークの機能の理解を急速に進展させるための基盤を整えるものである。

Two papers describing techniques for genome-wide genetic interaction screens in bacteria are published online this week in Nature Methods.

Genes do not function in isolation? the extent to which the function of one gene depends on that of another can be very informative, and is typically studied by examining double mutants for any two genes. When carried out at genome-wide scale, with many combinations of double mutants, such an approach can yield immense insight into the biology of the organism under study.

Two independent groups present, for the first time, methods to make genome-wide double mutants in the classical model bacterium E. coli. The methods, presented by Andrew Emili, Jack Greenblatt and colleagues, and Carol Gross, Nevan Krogan and colleagues, are conceptually very similar. They both make use of perhaps the most classic method of all, bacterial sex or conjugation, in which genetic material is physically transferred between bacteria. Using robotics to allow mating of multiple mutant strains in parallel, both research groups demonstrate that precise and informative combinations of double mutants can reliably be generated genome-wide.

These methods set the stage for rapid progress in understanding the function of all genes and gene networks in E. coli as well as in other bacterial species.

doi: 10.1038/nmeth.1239

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度