Research press release

心筋細胞を精製する方法

Nature Methods

A method to purify heart muscle cells

幹細胞に由来する高純度の心筋細胞を分離するための単純で非遺伝子的な方法が、Nature Methods(電子版)に発表される。この方法は、純粋な心筋細胞群を必要とする多くの研究に役立つと考えられる。

多能性幹細胞は、心筋細胞やニューロンなど、さまざまな種類の細胞に分化することができるが、そのプロセスの効率が100パーセントであることはほとんどない。そのため、分化した細胞を精製する方法が必要である。

福田恵一(慶應義塾大学)たちは、マウス、マーモセット、およびヒトの胚性幹細胞、さらにはマウスおよびヒトの人工多能性幹細胞に由来する心筋細胞が高純度で分離可能であることを明らかにした。研究チームは、ミトコンドリアを染色する蛍光色素で分化細胞を標識し、その色素を多く含む細胞を収集することによってこれを行った。蛍光マーカーの発現に基づいて心筋細胞を分離する既存の方法と異なり、今回の方法は遺伝子操作が不要である。研究チームによれば、染色して選別するこの方法が成功したのは、心筋細胞にミトコンドリアが多いことが一因であるという。

高純度の心筋細胞群は、in vitro、in vivo双方でのさまざまな心臓生物学的基礎研究に加え、薬物スクリーニングなどの応用研究にも利用することができる。

A simple and non-genetic method for isolating highly pure heart muscle cells derived from stem cells is reported in this week's Nature Methods. The method will facilitate many studies that depend on pure populations of heart muscle cells, called cardiomyocytes.

Pluripotent stem cells can differentiate into several different cell types ― such as cardiomyocytes or neurons ― but the process is rarely one-hundred percent efficient. Therefore there is need for a methodology to purify the differentiated cells.

Keichi Fukuda and colleagues show that cardiomyocytes derived from mouse, marmoset and human embryonic stem cells, and also from mouse and human induced pluripotent stem cells, can be isolated to high purity. The scientists accomplished this by labeling the differentiated cells with a fluorescent dye that stains mitochondria and then collecting the cells that contained high levels of the dye. In contrast to existing methods, in which cardiomyocytes are isolated based on their expression of fluorescent markers, Fukuda and colleagues' method does not require genetic modification. The scientists note that this method of staining and sorting is successful in part because the cardiomyocytes have a high mitochondrial content.

Highly pure populations of cardiomyocytes can be used for a variety of basic studies on cardiac biology both in Petri dishes and in animals as well as for more applied studies such as drug screening.

doi: 10.1038/nmeth.1403

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度