Research press release

初期化可能なマウス

Nature Methods

Reprogrammable mice

細胞の初期化を研究するためのマウスモデルに関する論文が2本、Nature Methods(電子版)に発表される。

人工多能性幹細胞は、細胞を胚性幹細胞様の状態に引き戻す転写因子のセットを導入した成熟細胞から樹立される。その初期化過程はいまだにあまり解明されておらず、その研究を可能にするツールが必要とされている。

今回、K HochedlingerらとR Jaenischらは、その目的に役立つと考えられる初期化可能なマウス系統に関して、それぞれ独自に論文を発表している。両チームとも、4種類の初期化因子をコードする遺伝子をひとまとめにしてマウスゲノムの特定の位置に導入した。これにより、初期化に影響する因子の発現のばらつきとともに、マウス系統の維持の問題が解決された。この因子群は、化学物質の添加によって活性化させることができる。この方法論により、あらゆる種類のマウス細胞を思い通りに初期化することが可能になると考えられる。

今回の初期化可能なマウスモデルは、さまざまな細胞種および遺伝的背景を利用した初期化の対照研究を可能にすると考えられる。また、この分野の重要な課題として、遺伝的に同一な胚性幹細胞と人工多能性幹細胞との比較も可能になると思われる。

Two papers reporting on mouse models for studying cellular reprogramming are published this week in Nature Methods.

Induced pluripotent stem cells are derived from mature cells by introduction of a set of transcription factors that cause the cells to regress to an embryonic stem cell-like state. This reprogramming process is still poorly understood and there is a need for tools to enable its study.

Konrad Hochedlinger, Rudolf Jaenisch, and their respective colleagues now independently report reprogrammable mouse strains that will be useful for this purpose. Both teams introduced the genes that encode the four reprogramming factors as a single set into a defined location in the mouse genome. This solves problems of variability in factor expression, which affects reprogramming, as well as difficulties in maintaining the mouse strains. The factors could be activated using added chemicals. This methodology should make it possible to reprogram any type of mouse cell in a controlled fashion.

These reprogrammable mouse models will enable the controlled study of reprogramming in different cell types and genetic backgrounds. They will also allow for the comparison of genetically identical embryonic stem cells and induced pluripotent stem cells, a crucial question in the field.

doi: 10.1038/nmeth.1409

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度