News

ネアンデルタール人の皮革加工用道具

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2013.131003

原文:Nature (2013-08-12) | doi: 10.1038/nature.2013.13542 | Neanderthals made leather-working tools like those in use today

Ewen Callaway

ネアンデルタール人は、 高級ハンドバッグの製造に使われている皮革加工用道具を作っていたようだ。

フランス南西部の洞窟で発見された骨角器は、ネアンデルタール人の皮革加工法が高度なものだったことを示唆している。

IMAGE COURTESY OF THE ABRI PEYRONY AND PECHDE-L’AZE I PROJECTS

4万年以上前のネアンデルタール遺跡から、現代でも皮革の艶出しと防水加工に使われている道具の一種が発見された。その骨角器はリスワー(艶出し用の「こて」)として知られるが、これまでこの道具は現生人類のみが使っていると考えられていた。今回の発見は、ネアンデルタール人と現生人類のそれぞれが独自にその道具を作り出した可能性を示している。この成果は8月12日、Proceedings of the National Academy of Sciencesで発表された1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度