Research press release

異常気象に対する人間活動の寄与

Nature Climate Change

Human contribution to extreme weather

現在の地球温暖化は、人間の活動に由来している可能性が非常に高いが、このほど行われたモデル研究によって、全世界の豪雨の約18%、異常高温の約75%は地球温暖化が原因であることが明らかになった。この割合は、温暖化が進むと高くなり、例えば、気温が産業革命以前のレベルより摂氏2度上昇すれば、人間の影響による異常降雨の割合が約40%に達することが示された。この研究結果についての報告が、今週のオンライン版に掲載される。

今回、Erich FischerとReto Knuttiは、2つの指標を用いて、全世界の異常高温と豪雨の中で人間の影響によるものの割合を突き止めた。この研究では、1901~2005年のデータを用いたシミュレーションと高排出シナリオに基づいた2006~2100年の予測を考慮に入れた25の気候モデルの日々の出力値に2つの指標が適用された。FischerとKnuttiは、発生頻度が最も低く、最も過酷な事象ほど温室効果ガス排出の影響を大きく受ける可能性が高いと考えており、全球的な観点を用いる方が、個々の気象現象に注目する方法(モデル研究に伴う不確実性が大きくなる場合がある)よりも異常気象に対する温暖化の影響をより確実に推定できる点も指摘している。

また、同時に掲載されるNews & Viewsで、Peter Stottは、今回の研究で「異常高温と異常降雨の発生確率が全球的にどのように変化したのかを示すマップが示された。(しかし、)著者が用いた枠組みでは、この発生確率を特定の個別的な異常気象現象に適用できない」と指摘している。

Present day global warming, most likely caused by human activity, is responsible for about 18% of heavy precipitation and 75% of hot temperature extremes worldwide, reports a paper published online in Nature Climate Change. This proportion is shown to increase with further warming; for example modelling indicates that if temperatures increase to 2 °C higher than pre-industrial levels, about 40% of precipitation extremes will be a result of human influence.

Erich Fischer and Reto Knutti use two metrics to determine what proportion of global high temperature and heavy precipitation events can be attributed to human influence. The metrics are applied to daily outputs from 25 climate models considering 1901-2005 historical simulations and 2006-2100 projections with a high-emission scenario. The authors suggest that the rarest and most extreme events are likely to be more heavily influenced by greenhouse-gas emissions. They note that using a global perspective allows more robust estimates of the effect of warming on extreme events than efforts focusing on single events, where modelling uncertainties can be large.

In an accompanying News & Views, Peter Stott points out that the study can “provide maps of how probabilities of extreme temperatures and precipitation have changed across the globe, [however] the framework they use means that such probabilities cannot be applied to specific individual extreme weather events.”

doi: 10.1038/nclimate2617

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度