Research press release

海洋酸性化の被害を最も早く受ける貝類漁業のコミュニティーはどこだ?

Nature Climate Change

Where will ocean acidification clam its first victims?

海洋酸性化の影響を最も受けやすい米国の貝類漁業コミュニティーを特定できたという報告が、今週のオンライン版に掲載される。

化石燃料の燃焼によって大気中に放出される二酸化炭素のかなりの部分は、最終的には海洋へ溶け込み、海洋の酸性度を高める。有殻軟体動物(貝殻を持つ軟体動物)には、米国の多くの沿岸地域の社会が経済的に依存しているが、こうした軟体動物は、海洋の酸性度の変化に対する感受性が特に高い。

今回、Julia Ekstromたちは、有殻軟体動物の捕獲に対する米国の沿岸地域の依存性と捕獲量の減少に対する適応能力にテーマを絞って、海洋酸性化に関連する複数の社会・経済的リスク要因を評価する研究を行った。その結果、米国の沿岸地域23か所中の16カ所で海洋酸性化が急速に起こっており、太平洋岸北西部とアラスカ南部の周辺の海洋生態系が最も早く影響を受けるという予測が明らかになった。

Ekstromたちは、有殻軟体動物に対する経済的依存性と(例えば、政府の海洋酸性化対策の状況、転職状況、科学の利用可能性によって示される)適応能力を組み合わせて分析し、米国東海岸とメキシコ湾沿岸のコミュニティーが最も影響を受けやすいことを報告している。今回の分析では、米国の沿岸地域の脆弱性の原因に地域差があることが明らかになり、Ekstromたちは、それぞれの地域に合わせた対策による適応可能性を示し、適応を促進するうえで取り組むべき知識と情報の重大な欠落をはっきりと指摘している。

The US shellfishery communities that are most vulnerable to the effects of ocean acidification are identified by a study published online this week in Nature Climate Change.

Much of the carbon dioxide released into the atmosphere through the burning of fossil fuels ends up in the oceans, making them more acidic. Shelled molluscs are especially sensitive to changes in ocean acidity and many coastal communities in the United States are economically dependent on these organisms.

Julia Ekstrom and colleagues assessed multiple economic and social risk factors associated with ocean acidification, focusing on the reliance of US coastal regions on shelled mollusc harvests and the capacity of these communities to adapt to reductions in harvests. They found that 16 out of 23 regions in the US are exposed to rapid acidification, with marine ecosystems around the Pacific Northwest and Southern Alaska expected to be affected soonest.

When adaptive capacity (indicated by status of OA government policies, employment alternatives and availability of science, for example) is combined with economic dependency on shelled molluscs, the authors report that the most vulnerable communities lie along the East Coast of the US and Gulf of Mexico. This analysis demonstrates varied causes of vulnerability along the US coastline and the authors identify opportunities to adapt through specifically tailored local actions, as well as highlighting important gaps in knowledge and information that should be adressed to facilitate adaptation.

doi: 10.1038/nclimate2508

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度