Research press release

進化するプランクトン

Nature Climate Change

Evolving plankton

世界的に重要な植物プランクトンである円石藻のEmiliania huxleyiは、進化によって海洋環境の変化に適応できることを報告した論文が、今週のオンライン版に掲載される。この結果は、植物プランクトンのニッチは、これまで考えられていたよりも進化的な適応性が高い可能性を示している。

Emiliania huxleyiは、二酸化炭素を貯蔵することによって全球炭素循環で重要な役割を果たしている。今回、Thorsten Reuschたちは、海洋の温度の上昇とpHの低下(海洋酸性化)に対する適応を調べることによって、Emiliania huxleyiの長期的な進化の研究を行った。この植物プランクトンを、3種類の溶存二酸化炭素濃度と2種類の温度(15℃または26.3℃)で試験した。その結果、この細胞は水温の上昇に応答した進化によって1年で小さくなり、1細胞当たりの炭素含有量が減少することが分かった。しかし、高温に適応した細胞ではバイオマス生産量が高く、有機炭素は52%、無機炭素は101%増加した。

植物プランクトンの適応性から、気候変動がこれらに及ぼす影響の予測では、進化の過程を考慮する必要があることが明らかになった。

A globally important phytoplankton, coccolithophore Emiliania huxleyi, is able to evolve to cope with the changing marine environment, reports a paper published online in Nature Climate Change. These results show that phytoplankton niches may be more evolutionarily flexible than previously thought.

Emiliania huxleyi plays an important role in the global carbon cycle by storing carbon dioxide. Thorsten Reusch and colleagues studied its long-term evolution by looking at adaptations to ocean temperature increases and declining ocean pH (ocean acidification). The phytoplankton were tested at three different dissolved carbon dioxide concentrations and two temperatures - 15 degrees Celsius and 26.3 degrees Celsius. The authors report that cells evolved over the course of one year to a smaller size in response to increased water temperature, with lower carbon content per cell. However, warm-adapted cells had higher biomass production - a 52% increase for organic carbon and 101% for inorganic carbon.

The flexibility of phytoplankton highlights that evolutionary processes should be considered in projections of climate change impacts on them.

doi: 10.1038/nclimate2379

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度