Research press release

自然変動の気温への影響の定量

Nature Climate Change

Temperature impact of natural variability quantified

10年規模で生じる気候システムの自然変動は、地球の気温傾向の大きな要因の1つとなっているが、その影響は、ヒトの活動を原因とする温暖化の進行に比べて低下していることが分かった。この研究結果を報告する論文が、今週のオンライン版に掲載される。

渡部雅浩(わたなべ・まさひろ)たちは、2種類の気候モデルを用い、観察された全球地表温度の変動に対する10年規模の自然変動の寄与を調べた。第1のモデルは観察された風応力を用いて1961~2012年の歴史的な気温変動をシミュレートする大気・海洋大循環モデルであり、第2のモデルは大気大循環モデルである。

その結果、10年規模の変動は、(基準とした1961~1990年の期間に比べて)1980年代には気温変動の47%を占めるが、2000年代には約27%に低下していることが分かった。この変化の原因は、人為的な温室効果ガスの排出、太陽活動、火山噴火といった外的影響の増加だった。

Natural variability in the climate system, occurring on a decadal timescale, is a large contributor to global temperature trends, although its influence has decreased relative to increases in warming resulting from human activities reports an article published online this week in Nature Climate Change.

Masahiro Watanabe and colleagues used two types of climate model to determine the contribution of natural decadal variability to observed global surface air temperature changes. The first was a coupled ocean-atmosphere general circulation model with observed wind stresses to simulate historical temperature changes from 1961 to 2012, and the second model was an atmospheric general circulation model.

The authors find decadal variability accounted for about 47% of temperature change in the 1980s (relative to the 1961-1990 reference period), while for the 2000s it dropped to about 27%. This change is due to the increase in external influences, such as human-caused greenhouse gas emissions, solar activity and volcanic eruptions.

doi: 10.1038/nclimate2355

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度