Research press release

キーストーンXLパイプラインが温室効果ガス排出量に与える影響

Nature Climate Change

Impact of the Keystone XL pipeline on greenhouse gas emissions

カナダのオイルサンド油田と米国内の精製施設、港湾施設とを結ぶキーストーンXLパイプライン(計画中)の温室効果ガス排出量に対する影響が、これまでの想定を大きく上回る可能性があるという結論を示した論文が、今週のオンライン版に掲載される。この新知見は、気候政策研究コミュニティーに幅広く関係するだけでなく、このパイプラインの建設の是非をめぐる議論が正しい情報に基づいて進められるようにする上でも役立つ可能性もある。

キーストーンXLパイプラインのプロジェクトは、大きな論争を巻き起こしており、環境保護論者からも批判されている。米国のオバマ大統領は、このパイプラインが炭素汚染の問題を著しく悪化させないのであれば、建設計画を認可すると語った。

今回、Peter EricksonとMichael Lazarusは、経済モデルを用いて、このプロジェクトが温室効果ガス排出量に与える影響可能性を定量化した。EricksonとLazarusの解析では、既存の環境影響評価と経済評価の欠陥が指摘され、パイプラインの建設によって、国際石油価格が低下して、石油の消費量が増加するため、このプロジェクトが温室効果ガス排出量に及ぼす影響全体が、従来の想定の4倍になることが明らかになった。また、これと似たモデルを適用して、他の多くの化石燃料の抽出・供給インフラに対する投資計画が温室効果ガス排出量に及ぼす影響を評価できる可能性もある、とEricksonとLazarusは指摘している。

The proposed Keystone XL pipeline to connect Canadian oil sands with US refineries and ports could have a substantially larger impact on greenhouse gas emissions than previously assumed, suggests a study published online this week in Nature Climate Change. As well as being broadly relevant to the climate policy research community, these findings could help to inform the debate over whether the pipeline should be built.

The Keystone XL pipeline project has attracted much controversy, including criticism from environmentalists. US President Barack Obama has said that he would only approve the pipeline if it does not significantly exacerbate the problem of carbon pollution.

Using an economic model, Peter Erickson and Michael Lazarus quantified the project’s potential impact on greenhouse gas emissions. Their analysis points to a gap in existing environmental and economic assessments. They show that the pipeline’s construction could lower global oil prices, increasing consumption and quadrupling the total greenhouse gas impact of the project. They note that similar models could also be applied to assess the impact of emissions from numerous other pending investments in fossil fuel extraction and supply infrastructure.

doi: 10.1038/nclimate2335

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度