Research press release

大気の停滞

Nature Climate Change

Atmospheric stagnation

気候変動によって大気循環と水循環が変化し、その結果として大気の停滞現象が増えるという予測を明らかにした論文が、今週のオンライン版に掲載される。大気の停滞とは、特定の地域の上空に気団が長期間停滞する現象のことで、大気汚染への曝露が多くなるため、心血管疾患、呼吸器疾患など、健康に深刻な影響が生じることがある。

今回、Daniel Hortonたちは、さまざまな全球気候モデルに大気停滞指標を当てはめて、今後の大気停滞事象について調べた。Hortonたちは、高排出シナリオを用いて、大気停滞事象の頻度と持続期間の変化を検討した。その結果、現在の世界人口の55%以上について、大気停滞が増加し、熱帯域と亜熱帯域の大多数で、大気停滞が年40日増加するという予測を示した。

インド、メキシコと米国西部は、人口の多い地域での大気停滞事象が増えるために、健康上の悪影響が生じるリスクが最も高いとされる。気候変動の発生で、人口管理の改善による大気環境基準の確実な遵守が必要となることが、今回の研究結果によって示唆されている。

Climate change is expected to increase atmospheric stagnation events through changes in circulation and the hydrological cycle, reports a paper published online this week in Nature Climate Change. Atmospheric stagnation, in which an air mass remains over an area for an extended period, can have serious health implications, such as cardiovascular disease and respiratory problems, due to increased pollution exposure.

Daniel Horton and colleagues investigate future stagnation events by applying an air stagnation index to a collection of global climate models. Using a high-emissions scenario, the authors examine changes in the frequency and duration of events. They project an increase in stagnation occurring over 55% of the current global population, with increases of up to 40 additional days a year over the majority of the tropics and subtropics.

India, Mexico and the western US are most at risk of health impacts due to an increase in stagnation events occurring in areas with large populations. These results suggest that climate change means there will need to be better pollution management to ensure air-quality standards are met.

doi: 10.1038/nclimate2272

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度