Research press release

モンスーン地域での豪雨と少雨の変化

Nature Climate Change

Monsoon changes

1951年から2011年の間に、南アジアの夏の雨季のピークにおける降水量がかなり減少してきていることが明らかになった。この研究成果は、気候変動が極端な降雨に及ぼす影響に関する理解を深めるものであり、水資源と農業に関連したリスクなど、さまざまなリスクの管理向上を促進することになるだろう。この結果を報告する論文が、今週のオンライン版に掲載される。

今回、Deepti Singhたちは、インド中部での60年間の降水量の観測結果に統計分析手法を適用して、極端な降雨と乾燥について調べた。その結果、極端な豪雨と少雨に変化が生じており、その原因が、大気状態の変化であることが判明した。豪雨の強度は、研究対象期間中に増加したが、このことは、モンスーン地域中心部の上空の反時計回りの低層大気循環が強化されたことと関連している。また、少雨については、頻度が上昇したが、強度は減少した。これは、時計回りの低層大気循環と中緯度域から冷たい空気を運んでくる中央アジア上空での反時計回りの高層大気循環の組み合わせが関連していることが分かった。

Between 1951 and 2011 there has been a significant decrease in precipitation during the peak of the summer monsoon season in South Asia, as reported in a paper published online this week in Nature Climate Change. This work improves the understanding of climate change impacts on precipitation extremes, which will facilitate better management of risks, including those related to water resources and agriculture.

Deepti Singh and colleagues applied statistical analysis techniques to precipitation observations from central India over a 60-year period to investigate extreme wet and dry spells. They found that changes in extreme wet and dry spells are a result of altered atmospheric conditions. Wet spells, which increased in intensity during the period studied, are associated with a strengthened low-level anticlockwise atmospheric circulation over the core monsoon region and dry spells, which increased in frequency but decreased in intensity, are associated with a low-level clockwise circulation combined with a higher level anticlockwise circulation over central Asia that brings cold air from the mid-latitudes.

doi: 10.1038/nclimate2208

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度