Research press release

半球気温の不一致

Nature Climate Change

Hemispheric temperature mismatch

過去1000年間の南半球気温の再構築が、これまでの試みに比べて倍近い数の記録を用いて新たに行なわれ、北半球と南半球の気温変動に差があることが明確に示された。また、現在(1974年以降)の温暖期は、過去1000年間に両半球で同時に異常高温が生じた唯一の期間であることが報告された。この分析について述べた論文が、今週掲載される。

古気候の温度記録は北半球での再構築が大部分を占めている。今回、Raphael Neukomたちは、南半球の陸域記録277件と海洋記録48件を用いて1000~2000年の気温変動を再構築し、公表されている北半球の再構築および1850年以降の計器記録の両方と比較した。その結果、1000~1850年の北半球の気温の変動範囲は、南半球よりも大きかったことが明らかになった。

以上の結果は、現在の気候モデルでは、海洋が大部分を占める南半球での、海洋大気力学の役割といった内部変動を過小評価しているため、北半球の気温と南半球の気温の相関が過大評価されていることを示唆している。南半球の気温変動は北半球と比べて遅れている上に、これらの影響によって緩和されているが、一貫した遅れは見られない。Neukomたちは、気候予測では内部変動を考慮する必要性があると提唱している。

A new reconstruction of Southern Hemisphere temperature for the last one thousand years, which uses almost double the number of records of previous attempts, highlights the difference in temperature fluctuations between the Northern and Southern hemispheres. This analysis, published in a Letter in Nature Climate Change this week, reports that the current (post-1974) warm phase is the only period during the past millennium when both hemispheres experienced synchronous warm anomalies.

The paleoclimate temperature record is dominated by Northern Hemisphere reconstructions. Raphael Neukom and colleagues used 277 terrestrial and 48 marine records from the Southern Hemisphere to reconstruct the temperature fluctuations for the years 1000-2000 and compared this with both published Northern Hemisphere reconstructions and the instrumental record since 1850. The authors find that the Northern Hemisphere had a greater temperature variation range, compared with the Southern Hemisphere, over the years 1000-1850.

These results suggest that climate models currently overestimate the correlation between Northern Hemisphere-Southern Hemisphere temperatures by underestimating internal variability, such as the role of ocean-atmosphere dynamics in the ocean-dominated Southern Hemisphere. These effects buffer temperature changes, which are delayed relative to the Northern Hemisphere, but there is no consistent lag period. They propose that internal variability needs to be taken into consideration for climate predictions.

doi: 10.1038/nclimate2174

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度