Research press release

炭素排出量の移転と気候変動対策

Nature Climate Change

Emissions transfers and climate policy

開発途上の国と地域でのクリーン開発のための資金を調達することで、これらの地域から先進国への炭素排出量の純移転が相殺され、先進国の気候移転対策が強化されるという結論を示した論文が、今週に掲載される。貿易によって生じる炭素排出量に対する責任を各国の対策にどのように組み込むのか、という点をめぐる議論が世界で活発に行われているが、答えは見つかっていない。今回の研究で得られた知見は、その解決に向けた手掛かりとなっている。

国際貿易に具現化された炭素排出量は、過去20年間で4倍に増え、0.4GtCO2(1990年)から1.6 GtCO2(2008年)に達した。この問題を放置すれば、全球炭素排出量の削減を目指した各国の排出量削減目標の実効性が損なわれるという認識が得られているが、各国の対策は、今も領土内の炭素排出量のみに立脚している。その主な理由は、排出量の移転を政策に組み込む最良の方法が明らかになっていないことだ。また、政策当局者は、そうした組み込みに伴って著しい経済的コストが発生する可能性に対する懸念も表明している。

今回、Marco Springmannは、全球的なエネルギー経済モデルを用い、排出量の移転を政策的に考慮した3つの政策的アプローチが環境と経済に与える影響について、一貫性のある分析を行った。3つの政策的アプローチとは、(1)排出量削減の国内目標を調整して排出量の移転を考慮に入れる方法、(2)排出量を輸出する開発途上の国と地域での排出量削減に資金を提供して排出量移転を相殺する方法、(3)物品の輸入価格と輸出価格を物品の炭素含有量に応じて調整する方法であった。その結果、第1と第3のアプローチは環境に対して有効でないことが分かったが、第2のアプローチは、排出量削減による正味の経済的利益が最大となり、全球的な排出量削減を最も経済的に達成できることが判明した。

Financing clean-development investments in developing regions can offset the net transfer of carbon emissions from these countries to developed ones and strengthen domestic climate policy in developed nations. These findings, reported this week in Nature Climate Change, shed light on how to integrate responsibility for trade-induced emissions into national policies, an issue largely discussed but still unresolved worldwide.

Carbon emissions embodied in international trade have increased fourfold in the past two decades, from 0.4 GtCO2 in 1990 to 1.6 GtCO2 in 2008. Although it is recognized that continuing to neglect this will undermine the ability of national emissions-reduction targets to decrease global emissions, domestic policies are still based on territorial emissions only. This is mainly because it is not clear how to best incorporate emissions transfers into policy. Policy makers also fear that the economic cost associated with such integration could be significant.

Marco Springmann uses a global energy-economic model to provide the first consistent analysis of the environmental and economic effects of three different policy approaches to account for emissions transfers in policy: adjusting domestic emissions-reduction targets to take emissions transfers into account, offsetting transfers by financing emissions reductions in emissions-exporting developing regions and adjusting the import and export prices of goods in proportion to their carbon content. The author finds that both the first and third options are environmentally ineffective. However, the second approach yields the largest net economic benefit of emissions reduction and decreases global emissions in the most cost-effective way.

doi: 10.1038/nclimate2102

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度