Research press release

永久凍土の融解による炭素放出

Nature Climate Change

Permafrost carbon

永久凍土の活動層は、毎年、融解と再凍結を繰り返しているが、北東グリーンランドでは、1996~2008年に永久凍土の活動層の厚さが年当たり1センチメートル以上増加したことが明らかになった。この結果を報告する論文が、今週オンライン版に掲載される。この活動層の厚さが増えると、融解した永久凍土での炭素貯蔵量の減少が予想されるのだが、これまでのところ検出可能なレベルでの減少が起こっていない。

今回、Bo Elberlingたちは、反復的な堆積物サンプリングを行って、グリーンランドの炭素貯蔵量の変化を評価した。今回の研究では、永久凍土サンプルを用いた培養実験が行われて、それによる二酸化炭素産生量の測定が12年間続けられ、気温上昇の長期的影響評価が行われた。その結果、富酸素条件下で急速な炭素放出が起こる可能性が判明したが、炭素が飽和状態に近い場合には、数十年間にわたって炭素の放出が起こらない可能性も明らかになった。

炭素放出量を予測する際には永久凍土における利用可能な酸素量と水と氷のバランスを考慮に入れる必要のあることが、今回の研究結果によって示唆されている。

The active layer of permafrost, which melts and refreezes each year, has increased by more than 1 cm per year in North East Greenland between 1996 and 2008, a study published online this week in Nature Climate Change reports. Although this active layer has deepened, there has not been a detectable decline in carbon stocks in the thawing permafrost as could be expected.

Bo Elberling and co-workers use repeat sediment sampling to assess changes in carbon stocks in Greenland. Measurements of CO2 production from incubated permafrost samples were taken over 12 years to assess the long-term impact of warmer temperatures. They found that there is potential for fast carbon mobilization under oxygen-rich conditions, however when the carbon is near saturation it may remain immobilized for decades.

These results suggest that predictions of carbon release need to consider oxygen availability and the water-ice balance in permafrost.

doi: 10.1038/nclimate1955

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度