Research press release

気候変動の早期緩和による生態系被害の抑制

Nature Climate Change

Damage limitation

このまま有効な温室効果ガス排出削減策が実施されなければ、植物の55%と動物の35%について、気候の適した生息域(生息空間)が2080年代までに少なくとも半減するという予測が公表された。そして、炭素排出量を迅速かつ厳重に抑制することで、生息域の減少を大幅に抑えて、生物種が気候変動に適応するために数十年間の時間的余裕を確保できることが明らかになった。この結果を報告する論文が、今週オンライン版に掲載される。

今回、Rachel Warrenたちは、さまざまな気候シナリオに対する生息域の気候的変化に関する全球的解析を行い、広範囲に生息する、ありふれた生物種の間でも、炭素排出量の無制限な増加による大規模な生息域の縮小が予想されることを明らかにした。その一方で、排出削減策を実施することで、炭素排出量の増加が2016年に止まれば、生息域の気候的減少を60%抑えることが可能で、2030年に止まれば、40%抑えることが可能とされる。

In the absence of effective greenhouse gas mitigation policies, 55% of plants and 35% of animals could have their climatically suitable range - or living space - at least halved by the 2080s. These findings, published online this week in Nature Climate Change, show that prompt and stringent mitigation of carbon emissions could substantially reduce range losses and buy decades more time for species to adapt to climatic changes.

Rachel Warren and co-workers conducted a global analysis of climatic range changes in response to different climate scenarios and show that unfettered growth in carbon emissions can be expected to result in large range contractions, even amongst common and widespread species.However, losses could be reduced by 60% if, through mitigation policies, the growth in emissions is halted in 2016 or by 40% if halted in 2030.

doi: 10.1038/nclimate1887

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度