Research press release

加速する気候帯の移動と気温上昇

Nature Climate Change

Climate zone shift gathers speed

気候帯の移動が、気温の上昇に合わせて加速してきていることを報告する論文が、今週のオンライン版に掲載される。今回の研究では、高排出シナリオの場合に、気候帯移動速度が、21世紀末までに今のほぼ2倍となり、陸域全体の約20%で気候帯が変わることが示唆されている。これは、生物種が気候の変化に適応するために与えられる時間が減り、その結果、絶滅リスクが上昇することを意味しているかもしれない。

今回、Irina Mahlsteinたちは、気候モデルによるシミュレーションを行って、全球的な気温と降水量の変化を調べ、そしてその結果として、気候帯についても調べた。その結果、月間と年間の気温と降水量に基づいた気候帯の移動が、気温上昇とともにほぼ線形に速くなっていることが明らかになった。

Climate zones are shifting with increasing pace, in line with increasing temperatures reports research in Nature Climate Change. The work suggests that the rate of change will nearly double by the end of the century under a high end emissions scenario, and about 20% of all land area will undergo a change. This may mean that species will have less time to adapt to new climates, therefore increasing the risk of extinction.

Irina Mahlstein and colleagues use climate model simulations to investigate temperature and precipitation changes, and therefore climate zones, across the globe. Climate zones, based on monthly and annual temperature and precipitation, were found to be shifting with increasing pace, almost linear with temperature increases.

doi: 10.1038/nclimate1876

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度