Research press release

二酸化炭素排出量に対する影響の非対称性

Nature Climate Change

Emissions asymmetries

経済の成長期における二酸化炭素排出量の増加は、経済の衰退期における二酸化炭素排出量の減少よりも変化が大きいことを示す実証的研究が、今週、Nature Climate Change(オンライン版)で発表される。

従来の推定では、景気拡大期に二酸化炭素排出量が増加し、景気後退期には同じように減少するとされていた。今回、R Yorkは、1960~2008年における一人当たりの全球二酸化炭素排出量と国内総生産(GDP)の関係を分析した。その結果、GDPが1%増加するごとに、排出量が0.733%増加したが、GDPが1%減少するごとの減少率は0.430%にとどまった。この非対称なパターンは、経済成長によって建物やインフラなど不景気になっても存続する財が生み出されることによって説明できる可能性があり、歴史の重要性を示唆している。これは、二酸化炭素排出量のモデル作製にとって重要な知見といえる。

Carbon dioxide emissions increase during economic growth more than they decrease during economic decline, according to an empirical study published online this week in Nature Climate Change.

Previous estimates showed that during economic expansions emissions grow, whereas the reverse happens during recessions. Richard York analyzed the relationship between global carbon dioxide emissions and gross domestic product (GDP), both in per capita terms, from 1960 to 2008. The author found that for each one-per-cent increase in GDP, emissions grew by 0.733%, whereas for each one-per-cent reduction in GDP, emissions decreased by only 0.430%. The asymmetric pattern - possibly explained by the fact that economic growth produces goods such as buildings and infrastructure that remain in place during recessions - signals that history matters, an important finding for modelling emissions.

doi: 10.1038/nclimate1699

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度