Research press release

気候変動:1.5℃の気温上昇に抑えるには各国が誓約した目標を徐々に引き上げる必要がある

Nature Climate Change

Climate change: Country climate pledges need ratcheting up to meet the 1.5 °C target

各国が2030年までに今よりも意欲的な気候変動対策を誓約することが、21世紀の気温上昇幅を1.5℃以下に抑える上で極めて重要だとする研究論文が、Nature Climate Changeに掲載される。

2021年11月の国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP 26)の閉幕までに、151か国が、2015年のパリ協定での誓約よりも意欲的な目標を設定し、2030年までに温室効果ガス排出量のさらなる削減を目指している。これらの締約国は、パリ協定のメカニズムに従って、自国の気候戦略を定期的に再検討し、更新することが求められている。国際社会は、温室効果ガス排出量の削減目標のさらなる引き上げが必要なことを認識しているが、我々は、このように目標を徐々に引き上げることが2030年とそれ以降にどのような結果をもたらすのか、それに加えて、特定の地域や分野にどのような影響を生むのかについて理解できていない。

今回、Haewon McJeon、Gokul Iyer、Yang Ouたちは、一連の温室効果ガス排出経路のシミュレーションを用いて、近い将来(2030年まで)に意欲的な目標を徐々に引き上げることが、気温上昇幅の最大値を抑えるために必須なことを実証した。一方、意欲的な削減目標の漸進的な引き上げを2030年以降に遅らせると、目標値を超えた気温上昇が激化するリスクが高まり、気候変動緩和による長期的恩恵が減る可能性がある。また、短期的な目標値を徐々に高めることは、CO2以外の温室効果ガス(メタンなど)の排出量のさらなる削減につながる可能性もあり、排出量実質ゼロのエネルギーシステムへの移行を加速させることが期待される。

著者たちは、21世紀末の気温目標に着目するだけでなく、21世紀を通して気温上昇が目標値を超えないようにする排出経路を探究する必要性を強く指摘している。21世紀末までに目標値を超える気温上昇が顕著になれば、人類と生態系が重大なリスクにさらされる可能性があるからだ。

More ambitious national climate action pledges before 2030 are crucial to limit temperature change below 1.5 °C this century, according to a study published in Nature Climate Change.

By the end of the 26th Conference of the Parties (COP26) in November 2021, 151 countries had set more ambitious targets compared with the 2015 Paris Agreement pledges, aiming to further cut emissions by 2030. Countries are required to regularly revisit and update their national climate strategies under the Paris Agreement’s mechanism. Although the international community recognizes the necessity to further increase emissions reduction targets, we still do not understand the outcome of ratcheting ambition in 2030 and beyond, as well as its impact on specific regions or sectors.

Using a series of simulated emissions pathways that include ambitious climate action, Haewon McJeon, Gokul Iyer, Yang Ou, and colleagues demonstrate that ratcheting ambition in the near term, or before 2030, is essential to limit peak temperature change. Delaying ratcheting of ambition beyond 2030 could increase the risk of higher temperature overshoots and reduce long-term climate benefits. Ratcheting near-term ambition may also lead to more reductions in non-CO2 emissions, such as methane, and is expected to accelerate transitions to net-zero-emission energy systems.

The authors highlight the need to explore emissions pathways that not only focus on end-of-century temperature targets, but that also limit temperature overshoots throughout the century, as higher temperature overshoots before the end of the century could expose humans and ecosystems to significant risks.

doi: 10.1038/s41558-022-01508-0

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度