Research press release

気候変動予測の新しい見せ方

Nature Climate Change

A new perspective on climate change projections

政策立案に役立つように気候変動予測を表示するための新方法を示したM JoshiたちのPerspective論文が、Nature Climate Change(電子版)に掲載される。

気候変動予測は、通常、将来の特定の時点における「瞬間写真」として示される。これに対して、Joshiたちは、これまでに発表された数々の予測を再分析して、特定の気温の閾値を超える時期がわかるようにし、予測の重点を「何が起こるのか」から「それがいつ起こるのか」に移した。

Joshiたちの新しい方法では、これまでの気候変動予測地図ではわからなかった変動の時期に関する重要な情報を政策立案に役立つように伝えることができる。この方法は、特に、温室効果ガス排出量を減らすことができれば、気温の閾値を超える時期を遅らせることができ、適応対策を計画するための時間的余裕が得られる点を明白に示している。例えば、高排出量が続く場合には、地球温暖化によって地球の気温が産業革命以前のレベルより摂氏2度以上高くなるのは、おそらく2060年のことと考えられるが、排出量を減少させれば、この閾値を超える時期を最大で数十年遅らせることが可能となる。

A new, policy-relevant method of displaying climate change projections is presented in a Perspective published online in Nature Climate Change this week.

Climate change projections are usually presented as \\\'snapshots\\\' of change at a particular time in the future. Instead, Manoj Joshi and colleagues reanalyse existing projections and present them in ways that show when particular temperature thresholds will be crossed, shifting the emphasis from ‘what might happen’ to ‘when it might happen’.

This new approach can convey important, policy-relevant information about the timing of change that isn’t available from traditional maps of future change. In particular, it emphasizes that lowering greenhouse-gas emissions would delay the crossing of temperature thresholds and buy valuable time for planning adaptation measures. For example, if emissions remain high, global average warming will probably exceed 2℃ above pre-industrial levels by 2060, but reducing emissions could delay the time this threshold is crossed by up to several decades.

doi: 10.1038/nclimate1261

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度