Research press release

気候変動:人為起源の気候変動による熱関連死の評価

Nature Climate Change

Climate change: Heat-related human mortality from anthropogenic climate change assessed

全球的な熱関連死の37%は人為起源の気候変動が原因になっているとした論文が、Nature Climate Change に掲載される。こうした知見は、これまで以上に野心的な緩和・適応戦略を実施して、気候変動が一般市民の健康に及ぼす影響を低減することが喫緊に必要なことを明らかにしている。

過去2世紀で、人為起源の気候変動の結果として全球気温が平均1℃上昇しており、一部の地域では他の地域よりも温暖化が進んでいる。こうした気温の上昇は、熱波の頻度と強度の上昇とともに、人間の健康に影響を及ぼす。

今回、Ana Vicedo-Cabrera、Antonio Gasparriniたちの研究チームは、43か国の732地点のデータを用いて、過去30年間(1991~2018年)にわたる人為起源の気候変動が熱による人間の死亡に及ぼす影響を調査した。疫学的手法と気候モデルを用いた研究の結果、平均で全球的な熱関連死の37%が人為起源の温暖化に起因することが判明した。Vicedo-Cabreraたちは、産業革命前からの気候変動による死亡率の上昇は、人間が居住する全ての大陸で検出できることを明らかにし、南ヨーロッパや南アジア、西アジアの温暖な地域では、気候変動による死亡の割合が大きいことを指摘している。

今回の調査には、アフリカや南アジアの一部など、いくつかの重要地域のデータは含まれておらず、一部の国では、一部の都市のデータしか収集できなかった。関連するNews & Viewsでは、Dann Mitchellが、人口増加率が極めて高い地域についてはデータが得られないため、地域差を解明することが重要になるという見解を示している。

A total of 37% of global heat-related human deaths can be attributed to anthropogenic climate change, according to a paper published in Nature Climate Change. Such findings reveal the pressing need to implement more ambitious mitigation and adaptation strategies to reduce the repercussions of climate change on public health.

Over the past two centuries, global temperatures have risen by an average of 1°C as a result of anthropogenic climate change, with some areas experiencing more warming than others. These rising temperatures — along with the increasing frequency and severity of heatwaves — have consequences for human health.

Using data from 732 locations in 43 countries, Ana Vicedo-Cabrera, Antonio Gasparrini and colleagues investigated the impact that anthropogenic climate change has had on human mortality due to heat over the past three decades (1991–2018). Epidemiological methods and climate models reveal that, on average, 37% of global heat-related deaths are attributable to anthropogenic warming. The authors found that increased mortality due to climate change since the preindustrial period is detectable on every inhabited continent. They also noted a larger percentage of deaths due to climate change in warmer countries in southern Europe, and southern and western Asia.

This study did not include data from several key regions — such as parts of Africa and South Asia — and in some countries data were only available for a few cities. In an associated News & Views article, Dann Mitchell remarks that understanding regional differences will be important, as the regions of extremely high population growth, are the regions that we don’t have data for.

doi: 10.1038/s41558-021-01058-x

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度