Research press release

アメリカナキウサギの気候に対する応答に影響を及ぼすのは遺伝的要因ではなく地理的要因

Nature Climate Change

Geography, not genetics, influences the American pika’s response to climate

アメリカナキウサギの気候に対する応答の時空間的差異を予測する際に遺伝的要因より地理的要因の方が重要な役割を果たすという見解を示す論文が掲載される。

同じ生物種でも気候に対する応答が異なっている原因とそのことが気候の変化に対する生物種の適応性にどのように影響するのかを理解することは、保全活動にとって重要だ。こうした差異が生じる原因は、個体群間の遺伝的差異だと考えられていた。アメリカナキウサギは、ウサギと野ウサギに近縁な小型動物種で、北米西部の高地に典型的に見られ、その極端な気候に対する感受性を調べる研究が長い間行われてきた。

今回、Adam Smith、Erik Beeverたちの研究グループは、博物館、野生生物機関、個々の研究者、科学文献からデータを幅広く集め、アメリカナキウサギの気候に対する応答が個体群によって異なっている原因の分析を行った。この研究では、8つの仮説の検証が行われ、アメリカナキウサギの個体群を生態地域によって分類すると、気候に対する応答の差異を最もよく説明できることが明らかになった。このことは、アメリカナキウサギの分布が、単にその進化史を反映しているのではなく、むしろ、その生息域の特徴に強く関連していることを意味している。そうなっているのは、アメリカナキウサギがさまざまな植物を食餌とし、日よけに使っているからかもしれないし、あるいは微小逃避地(岩陰や地下氷の近くなどの生息域内の涼しい場所)に依存して温暖化を生き延びているからかもしれない。

保全政策を策定する際に地理的要因を考慮すべきことが以上の知見から示唆されていると論文著者は結論づけている。一方、この論文と関連したMeagan OldfatherのNews & Viewsには、「[これらの知見]は、懸念される種に対する地域限定的な管理と回復の必要性にとって重要な意味を持っている。すなわち、ある地域で成功した管理手法が、別の地域では不適切なものとなり、悲惨な結果をもたらす場合さえあるかもしれないのだ」と記されている。

Geography, not genetics, influences the American pika’s response to climate

Understanding why variability in responses exists within a species, and how it affects that species’ adaptability to a changing climate, is important for conservation efforts. Previously, such variability was thought to be caused by genetic differences between populations. The pika, a small relative of rabbits and hares, is a species typically found at high elevations in western North America and has long been studied for its sensitivity to climatic extremes.

Adam Smith, Erik Beever, and colleagues used an expansive compilation of data from museums, wildlife agencies, individual researchers, and scientific literature to analyse the causes of variable responses to climate among different pika populations. After testing eight separate hypotheses, the authors found that classifying pika populations by ecoregion best explained how the animal responds to climate. This means that the species’ distribution does not simply reflect its evolutionary history, but instead more strongly relates to characteristics of their habitat. This may be because these animals eat and are shaded by different plants or because they rely on climate microrefugia - cooler areas within their habitat, such as the area shaded by a rock, or areas near below-ground ice - to survive warmer temperatures.

The authors conclude that these findings suggest that geography should be considered when developing conservation policy. In a related News & Views article, Meagan Oldfather writes, “[These findings] have significant implications for the site-specific management and restoration needs for species of concern: specifically, a management approach that is successful in one area may be irrelevant, or even disastrous, in another.”

doi: 10.1038/s41558-019-0584-8

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度