Research press release

【農業】気候変動によって世界のバナナ収穫量が減少する可能性

Nature Climate Change

Agriculture: Climate change may take a bite out of global banana yields

バナナの収穫量は、地球温暖化のために1960年代以降増加しているが、この傾向が今後数十年間に逆転する可能性があることを示唆する研究結果について報告する論文が、今週掲載される。バナナは世界の貿易と食料安全保障に重要な役割を果たしているため、温暖化によって最も大きな損失を被るバナナ栽培国を特定することは重要だ。

デザートバナナは、プランテンや他の料理用品種とは異なり、一般に生食され、世界で最も重要な作物の1つとなっている。バナナは、多くの熱帯の国々の主食で、主要な輸出品である。しかし、バナナの収穫量に関する国レベルのデータが少ないため、デザートバナナの栽培条件が気候変動の影響をどのように受けているのかを突き止めることは難しい。

今回、Varun VarmaとDaniel Bebberは、27か国のバナナ収穫量のデータをまとめ、収穫量を最適化する年間気温条件と年間降水量条件を計算した。そして、収穫量が1960年代以降に全球平均でヘクタール当たり1.37トン増加し、27か国中21か国で1960年代以降の気温の変化によって栽培条件が改善されたという推定結果が示され、こうしたプラスの作用の大部分が2050年には小さくなり、場合によってはマイナスに転じると予測された。また、世界第4位のバナナ生産国であるブラジルとバナナの主要輸出国であるコロンビアなどが最大の被害を受ける可能性があり、その一方で、アフリカ、エクアドル、ホンジュラスのバナナ作物が将来的な気温変化の恩恵を最も大きく受ける可能性が高いとされた。

Global warming has increased banana yields since the 1960s, but this trend could reverse in the coming decades, suggests a study published in Nature Climate Change. Identifying which banana-growing countries will lose the most from warming is important because the crop plays a major role in global trade and food security.

Dessert bananas - those that are typically consumed raw, and are distinct from plantains and other cooking varieties - are among the most important crops around the world. They are a staple food and major export commodity for many tropical nations. However, determining how growing conditions for dessert bananas are affected by climate change is difficult, as country-level data on banana yields is sparse.

Varun Varma and Daniel Bebber compiled yield data from 27 countries, and calculated the annual temperature and rainfall conditions for producing optimal banana yields. They estimate that temperature changes since the 1960s have improved growing conditions for 21 of these countries and have increased yields at an average of 1.37 tonnes per hectare. The authors predict that, by 2050, most of these positive effects will slow and, in some cases, reverse. Countries like Brazil, the world’s fourth largest producer of bananas, and Colombia, a major exporter, may incur the biggest losses. Conversely, banana crops in Africa, Ecuador and Honduras are likely to benefit the most from future temperature changes.

doi: 10.1038/s41558-019-0559-9

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度