Research press release

効果的な森林保全のコスト計算

Nature Climate Change

Costing effective forest conservation

森林破壊と森林劣化による二酸化炭素排出を削減することが、国際的気候政策「REDD+」の主要目標の1つとなっているが、これが達成されると、生活の糧を森林資源に依存する地域社会において、生活の糧を得る機会が失われる結果となりうる。今回、タンザニアの事例研究に基づく解析が行われ、地域住民の生活を守りつつ、森林を保全し、森林破壊の移転によるカーボンリーケージ(炭素の漏れ)を防止しうることが明らかになった。この結果を報告する論文が、Nature Climate Change(電子版)に掲載される。

この論文の中で、B Fisherらは、この方法によってREDD+を遂行すると、従来の試算(二酸化炭素1トン当たり約12ドル、約1000円)より高コストになるが、それでも他の緩和策よりはコスト競争力があるという見解を示している。また、Fisherらは、タンザニアでの森林破壊による炭素損失と炭素保持の機会費用を比較し、さらには、森林の農地への転換と木炭に対する需要を緩和するための実行コストを調べた。

このテーマに関連したL TacconiのNews & Viewsでは、Fisherらの研究が「REDD+の実施に関する科学研究と政策関連研究の新たな方向性を示すもの」だと評価されている。

Reducing emissions from deforestation and forest degradation ― a key goal of international climate policy known as REDD+ ― can lead to lost opportunities for local communities who depend on forest resources for their livelihoods. An analysis based on a case study for Tanzania, published online in Nature Climate Change, shows that it is possible to conserve forests, and avoid carbon leakage through forest displacement, while also protecting people’s livelihoods

Brendan Fisher and co-workers suggest that although this approach to the international climate policy REDD+ would be expensive compared with conventional estimates ― at around US$12 per tonne of carbon dioxide ― it could still be cost competitive relative to other mitigation measures. The team compared the carbon losses from deforestation in Tanzania with the opportunity costs of carbon conservation, and also investigated the implementation costs of alleviating the demand for forest conversion to agriculture and for charcoal.

In an accompanying News & Views, Luca Tacconi says this “is a new direction for both scientific and policy-related research on the implementation of REDD+”.

doi: 10.1038/nclimate1119

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度