Research press release

一般市民の誤解に重大な意味が

Nature Climate Change

Misperceptions that matter

気候変動に関して科学者間で大きな意見の対立があると考えている人は、地球温暖化が発生していることにあまり確信を持てず、気候変動対策に対する支持も弱くなる傾向が明らかになった。この知見は、一般社会への気候科学の普及にとって重大な影響を与える可能性がある。その詳細を報告する論文がNature Climate Change(電子版)に掲載される。 かなりの割合の米国民は、気候変動について、気候学者の間で大きく意見が分かれていると考えているが、この認識は、科学界の認識とはかなり異なっている。今回、E Maibachたちは、米国の代表サンプルを用いた調査を行い、この誤解が、気候変動に関する考え方と気候変動対策への支持の強さにとって重要な意味を持っているかどうかを調べた。 科学者間で気候変動に関する意見の対立があるという誤解と気候変動対策に対する支持の程度は強く相関していた。これは、「多くの米国民は、科学者の見解についての自らの認識に基づいて気候変動に関する考え方を形成するのであって、自分のもともとの考え方に適合するように情報を処理していない」という学説に沿った結果となった。今回の研究は、科学者の見解に関する一般市民の理解を深めるための活動が必要になっている可能性を示唆している。

Individuals who believe that there is broad scientific disagreement about climate change tend to feel less certain that global warming is occurring and show less support for climate policy. These findings, published online this week in Nature Climate Change, could have important ramifications for public dissemination of climate science. A significant proportion of the US public believe that climate scientists widely disagree about climate change — a perception that differs widely from that of the scientific community. Edward Maibach and co-workers undertook a nationally representative survey to investigate whether this misperception has important implications for beliefs about climate change and levels of climate-policy support. The strong association between misperception of scientific agreement and climate-policy support is consistent with the idea that many US citizens base their beliefs about climate change on their perceptions of scientists’ views, rather than processing information so that it conforms to their pre-existing beliefs. These findings suggest efforts to improve public understanding of the scientific position may be warranted.

doi: 10.1038/nclimate1295

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度